So-net無料ブログ作成

カフェ・ド・ランブル:東京出張2017-10その4 [喫茶・カフェ]

なんとか東京駅までたどりつき
荷物を預けて新橋駅まで足を伸ばす
新橋駅から向かうのは銀座にある喫茶店ランブル
南千住のバッハと並ぶ名店だと
今津リトルウイングのマスターに聞いたからだ
ところで「らんぶる」という喫茶店は新宿にもあるが
日本中に存在するようで、福山にもかつて
久松通りと南蔵王にあった

もより駅(JR)は新橋だが住所は銀座である
銀座といっても仰々しさのない
どちらかというと地味な裏道を入っていくと
目の前を東南アジア人らしいカップルが歩いている
彼らが迷いながら入っていったお店が目的地だった
#3611lambre20171015.jpg

レジの奥がカウンターになっていて
その横がテーブル席
一人だというと
狭くて薄暗いカウンターの最奥に案内された
気っぷの良いおねえさんがご主人のようで
3人の若いお兄ちゃんが手伝っているらしい
お客は外国人が多く、そのほとんどがアジア系
お店のお兄ちゃんたちは当たり前のように
彼らと英語で会話し、説明したり注文を受けている

客の好みに応じた珈琲を提供するのが得意のようで
これがスタンダードといったものは見当たらない
とりあえず、メニューの一番上にあるのを注文
#3612coffe20171015.jpg
正直やや拍子抜けだった
際立つ香りとか、深い味わいとか
スッキリした後味とか
そういった、素人にも分かる特徴といったものが無い
なので2杯目を注文
今度は、好みの味を細かく指定した
というか、自分でもよく分からないまま、指定させられた
そして飲んだ2杯目はまさに指定通りの味だったが
それが旨いのかどうか、それがよく分からない
釈然としないまま
隣席に白人のカップルがついたのを機に席を立った
レジで感想を聞かれたので「難しかった」と答えた
そしてこう付け加えた
「また来ると思う」
その理由は分かっている
よく分からなかったからである
#3614lamp20171015.jpg



コメント(0) 

銀座ぶらぶら:東京出張2017-10その5 [お出かけ]

引き続き「どちらかというと地味な道筋」を
まっすぐ進んでいったら、そのまま
ギンザシックスの真下を通ることになった
#3615six20171015.jpg
さらにまっすぐ歩いて行くと
風情あり気な小路が
#3616komichi20171015.jpg
この小路の、少し曲がった先に
アド街で紹介されていた穴子屋さんがある
と後で知った
これだから銀座は面白い
#3617hattori20171015.jpg

【億の細道】
#3620nobori20171015.jpg
その正体は西銀座チャンスセンターの行列
それも1番窓口のみ
この日は大安吉日だと盛んに煽っていたので
つい並んで買ってしまった
#3619hosomichi20171015.jpg

【数寄屋橋】
なぜ西銀座チャンスセンターかというと
マリオン前の数寄屋橋跡にあるだろう
「君の名は」の碑を見たかったからだ
#3623skiyabasi20171015.jpg
碑はあるにはあったが
#3624ariki20171015.jpg
「忘却とは~」の碑は見当たらなかった

なお数寄屋橋交差点から望む東京高速道路の橋が
「新数寄屋橋」なのだと今回判った
#3628sinsukiyabasi20171015.jpg

コメント(0) 

トマト嫌いのあなたに2017:東京出張2017-10その6 [パスタ]

数寄屋橋交差点から外堀通りを東京駅に向かって歩く
#3635hodou20171015.jpg
地図は確認していないが学生時代の記憶が
この道でいいと言っている
進行方向左側には東京高速道路が走っていて
その下はすっと商店街になっているのだが
それも尽きようとするあたりで一瞬目を疑った
商店街の入口のドアの向こうに
カウンターに座った人らしき姿が見える
#3634door20171015.jpg
そのまま通り過ぎかけて立ち止まり
もうそれからは何も考えず引き返して
その入口を通り抜けていた
マクドナルド横の通路先に
確かに人が座っている
座って何か食べている
#3632jyapone20171015.jpg

そこにはむき出しのカウンターがあり
大勢の男が座って飯を喰っている
カウンターの向かいに調理台があるらしく
3人の店員が立っている
その一人、一番の年長が私に
「どうぞ、空いてますよ」
と声をかけた
魔法にかかったように
空いていたカウンターの真ん中辺に座る
何があるんだと、その時はじめて確認した
スパゲティとカレーの店だって…
話し上手な若い店員に一番人気を聞くと
和風しょうゆ味の「ジャリコ」だというので
即座にそれを注文
おなか全然減ってないんだけど
それにしても平日4時過ぎだというのに客が多い

ジャリコ(並)600円
#3629jyaruko20171015.jpg
焼きそばっぽいが
店で作る焼きそばほど脂っぽく無い
そもそもスパゲティより脂っぽく無い
あっさりしてるし醤油の香ばしさもあって
いくらでも食べられる。旨い
疑問なのは、乗っかってるトマトの角切りだ
しょうゆ味スパゲティなのになぜトマトなのだろう
あくまでもスパゲティだからか
そういえばしょうゆ味なのに
チーズを勧められた
それも凄い容器で
#3631cheseire20171015.jpg
他の具が多いためかトマトの存在感が薄い
これだけ目立たなければ嫌いな人でも
大丈夫な気がするぞ

店名はジャポネ
後で調べたら行列上等の名店らしい
しかも日祝休だそうだ
偶然にも良い店を見つけたものだ
おみやげにもらったメニューは
ポスターとして飾るつもりである


コメント(0) 

夜の東京駅16番線:東京出張2017-10その7 [お出かけ]

東京駅到着
#3638roof20171015.jpg

広島行のぞみで帰る
#3643forhirosima20171015.jpg

ジャポネのメニュー表以外のお土産
【ヨシカミのカツサンド】
#3645yosikami20171015.jpg#3647katusand20171015.jpg
個人的にはまい泉やキムカツより断然旨いと思う
東京駅では京葉ストリート入口前の売店で買えます
(売切御免)

【ランブルの珈琲豆】
#3653bag20171015.jpg
#3656bagback20171015.jpg
#3657mame20171015.jpg
封を切るとチョコレートのような香りが素晴らしい
淹れて飲んだら、香りこそ控えめだが
他の要素、酸味やコクや深みなどのバランスが絶妙で
まるで水のようにスッキリと飲める
しかも冷めると、ウイスキーのような円熟味さえ感じるのだ
これがランブルのスタンダードだとすると
特徴がないのが特徴であり美味しさであるのかも知れない
お店で分からなかったことが、少し分かってきたような気がする




コメント(0) 

君の名は(1953-54) [映画]

今流行のアニメ映画に題名をリスペクトされたのは
偶然にも今流行の「不倫」の映画だった
それも日本各地を舞台とする超ベタな大河メロドラマである
ベタだからこそハマれば結構面白いのだ
ヒロインの真知子はグジグジ泣いてばかりだが
言うべきことは結構はっきり言うし
相手役の貴一パパもいつもなんだか煮え切らないのだが
その細面にパラッとかかる前髪がえらくかっこいい
今から観ても全然イケメンである

話が北海道に飛んだときは
そのぶっ飛んだ展開にさすがに呆れたが
実際のテーマもメッセージも至極まっとうで真面目だ
すなはち
忘れ去るという
出来もしないことを誓うから間違えて
他人を不幸に巻き込んでしまった
苦労に苦労を重ねてやっと
真面目に運命に向き合うことができたとき
はじめて事態は動くのであるが
#3508kiminonaha20170824.jpg

人はちゃんと好きになりましょう

そして

愛するとは、その人の幸せを願うこと



コメント(2) 

君の名は(2016) [映画]

[良くないところ:2つのtoo much]
 ・背景美術のくどさ、光沢感
 ・和風文化に対する過度なこだわり
「引き算」が出来ないあたりに
この作者や制作側の背景が伺い知れる気がするのは
きっと私だけだろう

[東京アニメの系譜]
 この映画の中には確かに「今の東京」が存在する
暮らしてる人の東京というよりは
我々田舎暮らし時々お上りさん憧れの東京である
そしてその東京は、かつて
「さらば愛しきルパンよ」で宮崎が描いたものと同じである

最初から軽快なテンポで心地よく引き込まれ
途中で展開が急転することで一気にラストまで魅了する
今の若い子たちに寄り添った
良く出来た恋愛ファンタジーであり
観て損は無い

一方、くだんの歌のグループのPV的な側面も否めず
特にボーカルの男声になじむかなじまないかで
この映画の印象はまた大きく変わるのではないだろうか
私は映画館で無理矢理聞かされなくて本当に良かったと
ミュートを繰り返しながらつくづく思ったことだった




コメント(0) 

盆帰省2017:カフェ・ブラジレイロ(福岡・博多) [喫茶・カフェ]

お盆期間だから開店しているかどうか
駐車場はあるかどうか
予約が可能かどうか
妹の軽でこの店に向かいながら
電話をかけたのだが
2度に渡り「お待ちください」と断られた
かけてから10分経過したのを確認して
私は静かに電話を切った

もちろん腹が立ったが
この目で店の様子を確かめてからと
気を取り直す

#3488reiro20170814.jpg

2階もあるようだが
案内されたのは1階のカウンター
お盆期間中の土曜日
狭い店内は満席
来客は後を絶たず
かといって行列が出来るわけでも無い
何せ昭和9(1934)年からやっているという
老舗中の老舗である
常連も多く、その多くが地元人なのだろう
「また今度」とばかり
あっさり帰って行ったり
かと思えば、空いた隙を狙ったり

応対する店のご主人だって
それが品の良いおばさまなのだが
(さっきの電話の張本人である)
言葉が足らないのだ
今、店が忙しいとか
電話ではひとっ言も口にしなかった
客であるこちらが腹かいたら
それで終わりである
それでも構わないという
潔さというか素っ気なさというか
でも決して意地悪なわけでも
偏屈なわけでも無いのだ
実に博多のお店っぽいじゃないか

我々家族が訪れたのはお昼過ぎだったが
名物のミンチカツもハンブルグステーキも
すでに売り切れ
家族はオムライスを
私はハンブルグステーキランチ(トマト&バジル煮込み)を注文
#3482hamburg20170814.jpg
(ライスは小盛にしてもらった)
煮込みでもあるので
脂じゅーじゅーギトギトでは無く
優しくふんわりとした美味しさで
大きめのタマネギも気にならない
家族のオムライスも同じような印象だった

ランチサービスの珈琲はデミタスサイズ
#3485demitasice20170814.jpg
ホイップクリームを載せてくれる
このクリームの容器も
スプーンやフォークに紙が巻いてあるのも
カウンターにサイフォンが林立せず
見通しが良いのも好ましい
このように店内には
厳つい威厳といったものが見当たらない
狭くて肩を寄せあう感覚も悪くない
こころ安らぐ雰囲気だ

我々が注文して程なく
ランチメニューは売り切れた
まだ1時まで20分くらいあるというのに

福岡で生まれ育ってうん十年
まったく知ることの無かった老舗カフェである
あの「陸軍」の撮影時には
撮影地ほど近い中州にすでにあったという
同じく、福岡に赴任して半世紀以上
このお店の存在を入らなかった父は珍しく
ご主人に再訪を宣言しつつお店を後にした

【おまけ】
ブラジレイロ正面に立つハムの自販機
#3498jihanki20170814.jpg
中にはチャーシューやソーセージが並ぶ
#3492jihankinaka20170814.jpg


コメント(0) 

盆帰省2017:福山駅にて [お出かけ]

名古屋付近の大雨で
新幹線は最大30分の遅れ
列車を待つ間、まず
スタバ最大サイズ「ベンティ(590ml)」でチャイティーラテ
#3474staba20170814.jpg
スタバのチャイは(UCCもそうだが)
本格的なのかも知れないが
私には甘すぎておなかいっぱいになった
なので
なぜか絶賛ウナギ押し中で
つい買ってしまった浜吉の駅弁だが
#3478hamayosiunagi20170814.jpg
身が厚く食べ応えがあると食感では判断できたのに
堪能することが出来なかった

#3477fusimiyagura20170814.jpg
何気に視界に入ってくるその屋根が
徳川家康が伏見城に建てたもの
そのものだと
どのくらいの人が気づくだろうか
本当の知識や教養は
ひとに教えてもらうものではなくて
身につけていくものだと
だから(特に)読書を習慣づけることは
大事なんですよと
今なら説明できるのになぁ


コメント(0) 

備後のカフェ窓2017:シャンソン [モーニング]

#3472mo20170814.jpg
「タバコの煙さえ我慢すれば」
充実したモーニングがゆったり食べられる
福山カフェレスの名店は今夏も健在である




コメント(0) 

トマト嫌いのあなたに:日清どん兵衛完熟とまとうどん [うどん]

#3463tomatoudon20170814.jpg
だしとトマトペーストのダブルの旨味で
コクとあっさり後味の見事な両立
今まで出なかったのがオカシイほど
#3468tomatoudonup20170814.jpg
見かけなくなる前にGETせよ


コメント(0)