So-net無料ブログ作成

恒例舞浜クリスマス2017#6:いきなり門前仲町1;いきなりステーキ [ランチ]

バッハを出て、さあどこに行こう
シーには15時から入るつもりだから
とりあえずスタート地点に戻ろうと
八重洲口行の都バスに乗った

そもそも不思議に思っていたのだ
気のせいか
都内の電車の優先席が
なんだか空いているように見えるのは

足腰の弱いジジババは、
長距離の歩行と階段の上り下りが不要で
しかも
無料で乗れる都バスに集中していたのである

私の乗った都バスは
新たなバス停に停まるたびに
大量のジジババ(となぜか外国人)を飲み込んでいき
バスの中は通勤ラッシュ並みに膨れあがった
車内で完全に身動きが取れなくなった私は
八重洲口行きをあきらめ
地下鉄駅のありそうなバス停で緊急下車した

そこは蔵前であって、通りにはなぜか
白人系の外国人が目に付く
バスに外国人が多いのはそのせいかと合点しながら
地下鉄を乗り継いで行けそうな場所を探す

「門前仲町」・・・そうだ、久しぶりに
お不動さんにお礼とお願いをしていこう

というわけで、以前に来た頃は無かった
大江戸線の門前仲町駅から地上に出たら
いきなりそこにあったのが
その時点(2017年11月)で話題になっていた
いきなりステーキである
#4045ikinari20171119.jpg

丁度昼飯どきだし
並んでいればお腹も空くだろうし
めんどくしゃあし
で、行列に加わった

席に案内されたが
ここでは付け合わせを注文
お肉自体は奥の「カット場」で
注文するシステムである(土日祝終日)
どの肉をどのくらい注文するか
考えなければならない
後席の中国人ビジネスマン組が
「国産牛!国産牛!」と騒がしかったので
私も便乗することにし
奥のカット場へ
#4046cutba20171119.jpg
脂を削いでもらうと正直嬉しい♫
#4047cutba20171119.jpg
席に戻ると、付け合わせとエプロンが
#4048ikinariset20171119.jpg
ほどなく、注文したお肉の登場である
#4049steak20171119.jpg
#4056steakup20171119.jpg
あつあつガッツリほおばる感は確かにある
ワイルドである
だが、そこそこ良いお肉を選んじゃうと
お得感も、そこそこかも知れない
なおタレは甘辛2種用意されたが
醤油が旨かった
テーブルに箸が無かったが
たまたまかも知れない

コメント(0) 

しやわせの一皿(目) [ランチ]

#0038siawase20180120.jpg
一番下に鯛のフリッターが隠れている
サクサクな衣とふわっふわな鯛の食感と旨味
なかなか口に出来ない鯛の美味しさを
1250円ランチで堪能させてもらった
備後の我が家は
スープもパンも野菜もデザートも良いが
やはり魚とフリッターが特に素晴らしいと思う
つまり一皿目は見逃せないのである

今日のコニファー丼
#0040conifdon20180120.jpg











コメント(0) 

備後の我が家2017冬 [ランチ]

野菜たっぷりのスープ
#3735soup171105.jpg

野菜たっぷりの前菜
#3736zensai171105.jpg

毎回魚のフリットが楽しみなプリモ
#3738primo171105.jpg

何を選んでも、自主どんぶり化したくなる
(実際してる)セコンド
#3741maindon171105.jpg

デザートとコーヒーで値段据え置き
#3743dest171105.jpg

今年も自家製オリーブをいただきました
#3766olive171112.jpg

いつもありがとうございます
コメント(0) 

首都大:東京出張2017-10その3 [ランチ]

出張先は首都大
最寄り駅の南大沢から道一本
正門との間に大手アウトレットモールがある
#3594outlet20171015.jpg

「インフォメーションギャラリー」と呼ばれるガレリア
#3598yane20171015.jpg
#3606yanemichi20171015.jpg

午前中で用務は終わり、生協食堂で昼食
#3604seikyoshokudo20171015.jpg

唯一大学名のついたメニュー
#3602pwrdon20171015.jpg
と迷ったのだが、結局
カレー
#3603cury20171015.jpg
をいただく
#3608realcury20171015.jpg
率直に言って、高揚感の生じない味だった

南大沢駅に戻り
京王線で新宿(経由の東京)へ向かうつもりが
運転見合わせで小田急に「振替」に
#3609hurikae20171015.jpg
東京に住む大変さの一端を味わうこととなる



コメント(0) 

一休庵おかもと:「あつあつカリカリふわふわ」が偉いとは限らない件 [ランチ]

誤解の無いように申し上げると
こちらのお店のとんかつが
「あつあつカリカリふわふわ」では無いわけはなく
ただ特別にそうであるということでは無いよと
無いんだけれども
トータルバランスで美味しいとんかつって
結構凄いのではないかということが言いたいのである

ボギィの向かいだし
ikyubogie170318#2323.jpg
一見駐車しにくそうなので
ikyuomote170318#2322.jpg
なかなか足が向かなかったが
裏により大きい駐車スペースがあり
しかも裏口から出入りできるので
ikyuuradoor170318#2326.jpg
実は意外に利用しやすいお店であることが
行ってみて初めて分かったことだった

初心者にオススメという食べ比べを注文
ikyukatu170318#2318.jpg
しっとり系と
ikyukatuup1-170318#2320.jpg
サクサク系が
ikyukatuup3-170318#2321.jpg
両方味わえる
赤だしもソースもガツンと濃い一方で
ドレッシングが甘いのが珍しい
なおごはんとキャベツはお代わり可

居酒屋メニューも豊富なため
昼間っから盛り上がってる連中もいたり
イズミも近いので
やねこい団塊じじばば客も多かったりで
格段に居心地が良いわけではないが
それら全てをとんかつの美味しさで納得させてしまう
しかも、どこがどう突出して美味しいというのではなく
全体で美味しいと感じさせるのが
さすが福の山百選も伊達では無いと
思った次第である

コメント(0) 

「ヒトミちゃん定食」の謎(因島) [ランチ]

仕事で因島に行き
昼食を取ることになった
中心部中庄(なかのしょう)で開いていたのが
「北極」という定食屋さんだった
20160702hokkyoku.jpg

メニューでまず目を引いたのが
「ヒトミちゃん定食」だったが
それを選択した上司に譲り
私が選んだのは「カツ煮定食」
20160702nikomikatuup.jpg
ぐらぐら熱々の状態で運ばれてきた
その迫力は半端なかった
20160702nikomikatuup2.jpg
ボリュームがあり味も良いです
因島へ行った際はぜひ

コメント(0) 

やってみたかったこと:コニファー丼 [ランチ]

前菜の中に
揚げだし豆腐と
カンパチかなんかの漬けがあって
半分残しておいたのである
いつもは自家製パンを注文するのに
この日は売り切れでライス
そう、白ごはんなのだ
これは偶然だが、チャンスかも
とか思っているうちに
最初のお皿がやってきた
20160522conipri.jpg
箸は迷うことなく
ライスの上に獲物を運び続けた

テレテテッテテー♫
コニファーどんぶり~
20160522fstdonbr.jpg
わしわしかっ込みながら
+500円くらいで
おひつごはんにお茶碗とお味噌汁のセットとか
オプションでつけられたらいいなあと
夢想する私なのであった

コメント(0) 

「野菜がごちそう、だがそれだけじゃないランチ」でホントの意味での喰い始め [ランチ]

特に謳っているわけではないところに
このお店の真骨頂がある
「滋養」だと私は思っている

野菜がもりもり入ったスープ
20160305野菜もりもりスープ.jpg

軍艦みたいな前菜
20160305てんこもりもり前菜.jpg
野菜の新鮮さが半端ない
20160305前菜の野菜のパリ.jpg

カリふわフリッター
20160305フリッター.jpg

とろとろの豚
20160305メイン豚.jpg

〆はかぼちゃプリンで
20160305デザート.jpg

2月も末になって、今年初めて訪れたのだが
このランチをもって
身体が備後にかっちりリセットされた気がした

自家製パンが美味しいのでどうしても頼んでしまうが
できれば一皿ずつおひつからよそった白米の茶碗を片手に食べたい
といつも思っている




コメント(0) 

京都近江日帰り墓参り 3 たら福京都 [ランチ]

京都に戻り、ロッカーはそのままで
京都駅前を水族館(西)に向かって歩く
途中でレンタサイクルを借りようと思ったのだ
その日の夕方6時ごろには
新大阪から500系こだまで帰る予定なので
徒歩で移動する時間的余裕がなかったからである
結局目当てにしていたお店とは別の店で
たまたまアシストチャリを借りることになったのが
これが大正解だった

【京都でとんかつを】
なぜ水族館方面に向かっていったかというと
途中でレンタサイクル屋さんと
その先に、このお店があったからである

とんかつ一番
20160207tonkatu1ban.jpg

ランチ時間終了間際に伺ったのだが
嫌な顔一つせず、チャリの留め場所を教えてくれた
店内にはおばあちゃんがいて注文を聞いてくれる
カウンターの向こうにはコックコートのおばちゃん
この人が作るのか

ヒレ肉のトンカツ
20160207tonkatutesyoku.jpg
20160207tonkatuup.jpg
ヒレなのにすごく柔らかい
ヒレなのに肉の旨味があり
(臭みはもちろん微塵もない)
この旨味を、とがった辛さや香りの無い
やさしくかつクリーミーなソースが引き立てる
一方豚汁は独特の味付け
味噌よりも出汁を効かせた感じの
ややしょっぱい赤だしだが
この辛さで全体の味のバランスが取れている
底に沈んでいる肉や野菜の破片の旨味がまた凄くて
感動にターボがかかる

わざわざ言葉にする必要もなく「渋い」お店の雰囲気
そして何より、おばあちゃんをはじめとするお店の人の佇まい
立ってるだけで、居るだけで、在るだけで絵になるよう
お腹も心もたらふく喰って1200円

京都ということで
下手な期待をしないようにしているけれど
もしかするとこれが
いつか出会いたかった京都かも知れない

コメント(0) 

備後のカフェ窓2015 備後の我が家 スローフード コニファー [ランチ]

20151229conifwndw.jpg
新幹線が行きかうのが窓から見える
初めて福山に新幹線で降り立ったとき
ン十年経った今こうしてこのお店で
あたりまえのようにお昼を食べているなんて
想像もしなかった
20151229conifburg.jpg
幸せってこんなもんだろうなと
思うのである


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。