So-net無料ブログ作成

広島に行く2017初夏4:うえののあなごめし [お弁当]

この5月に帰省したとき
博多阪急の駅弁大会で
「うえの」のあなごめしが
限定販売されていた
久しぶりに食べたいな
家族にも食べさせたいなと思ったが
開店時間には売り切れで
購入できなかった
日頃広島に住んでいて
(この場合は広島「県」ね)
食べられないのは癪なので
今度買いに行こうと思った
それも、三越地下店のハーフサイズではなく
宮島口でしか買えないスタンダードのやつを

観音マリホから繁華街まで戻らずに
宮島線の路面電車に乗り換えるために
バスの通らない数区間を歩くなどして
ようやっとたどり着いた広電宮島口駅
#3377grenlner20170708.jpg

あなごめしを作っているうえのは
その広電宮島口駅のすぐ前である
#3380ueno20170708.jpg
あなごめしの懐かしい香ばしい匂いが
道路を挟んだこちらまで漂っている

#3379uenost20170708.jpg
うえの(写真左端)から国道2号線をはさんで
JR宮島口駅(写真右端)

あなごめしは本来
そのJR宮島口駅で売っている駅弁であり
今回もまずJR駅に向かったのだが
大勢の外国人客や背広姿のサラリーマンが
スマホ片手に電車を降りてくる構内に
駅弁売りの姿は無かった
#3381ekimae20170708.jpg
JR駅手前のコンビニ店員に聞いてみると
現在はまさにそこ(駅前セブン)で駅弁が販売されていて
確かに駅弁専用棚もあったが
売り切れなのか空っぽだった
うえのまで取りに行けば駅弁はある
と店員が言うので、国道2号を地下道でくぐり
平日なのに宮島への観光客が大勢流れる中を
急いでうえのに戻る
昼飯時で、お店の方はかなりの待ち客があったが
目指す駅弁は行列も無くすぐに買えた
出来たてなのかかなり温かい
良い匂いが猛烈に立っている
直ぐにも蓋を開けて食べたい衝動に駆られる

帰宅後開いたあなごめし2個
誰かに食べさせたくて2つ買ってしまったが
結局2つとも自分が食べることになった
哀しい佐賀県である
#3396anago20170708.jpg
#3402anagomesi20170708.jpg
#3404anagoomote20170708.jpg
#3406anagoura20170708.jpg
冷えてもあなごの裏までぷりぷりで香ばしい






コメント(0) 

京都近江日帰り墓参り 5 こぼれたことども [お弁当]

【御池大橋の北と南】
サロン・ド・ロワイヤルのある木屋町通りを越えると
御池通はすぐに御池大橋で鴨川を渡り
鴨川の東岸を通る川端通にぶつかって消滅する
その御池大橋の北
20160207kitagawa.jpg
左隅に、さっきのチョコ屋さんの川床が見える
御池大橋の南には三条大橋
20160207minamigawa.jpg

チャリを借りたお店のある水族館方面に戻る
碁盤の目を徐々に南西に向かえばいいので
適当に道を選んでいく

【撮影隊】
京の台所「錦商店街」の手前付近で遭遇
「撮影隊男」の面目を自動的に躍如する
20160213satueitai.jpg

想像以上に狭い錦をまたぐと
20160212nisiki.jpg
なにやら印象深い建物がある
救世軍の建物らしい
200160213kyuseigun.jpg
2か月後の今確認したら
ヴォーリズさんの建物だった
不思議なんだけど不思議ではないような
たまたまなんだけど、偶然ではないような
「そういうことってあるよね(私には)」
なのだ

【(西)本願寺】
20160212nisihonganji.jpg
堀川通(=国道1号線)越しの紅葉が見事なので撮ってみた
やはり2か月後の今、あらためて調べたら
樹齢400年の大銀杏(大吟醸じゃないよ)で名所らしい
不思議…以下同文
まあとにかく、京都はぶらぶらするだけで
いろいろやらかしてくれる面白い街である

【京都水族館】
20160212suizokukan.jpg
たどりついたころには、もうだいぶ遅く
館内はあきらめてお土産だけ買った
20160213miyage.jpg
ショップの入口が屋外にあるというのは
なんと商売熱心なことであるかな

【京都を駆け抜けた今回の主役】
20160213asistchari.jpg
偶然とおりがかったお店で
たまたま借りたのが
初めてのアシストチャリだったが
実に快適だった
「京都を巡るならチャリ」は
安全リスクを認識の上なら大いにアリである

【みやこライナーin Kyoto】
20160212miyakoliner.jpg
レンタチャリを返し、福山に帰るべく
JR京都駅に向かう途中の歩道橋から
たまたま見かけた高速バスがなんとなく気になり
行き先を見たら、福山行だった
夕刻時分でもあり、出先で同志にあう懐かしさを感じた
(ユニバースだったら中指突き立ててたところだ)

【うら大階段】
前から気になっていたこと
JR京都駅の伊勢丹側大階段が
あれだけ上に登るなら
その裏はどうなってるんだろう
その答えはこうだった
20160212daikaidan.jpg

乗るはずだった帰りのこだま号
京都から下道を乗りつないでやっとたどり着いた
(なぜか夕方は新快速がほとんど無いのである)
新大阪駅の山陽新幹線ホームに入線してきたのは
500系ではなく700系RSだった
どおりでその日の朝キャンセルが出たわけである
速攻階段を駆け下りみどりの窓口へ
JR西にしっかりクレームを入れながら
きっぷをのぞみ号に変えてさっさと帰福した


    ☆   ☆   ☆

おまけ

【はつだの牛肉弁当】
20160213gyubencover.jpg
とにもかくにも香ばしいにおい
鼻の穴を全開にして思いっきり吸い込む
20160213gyuben.jpg
肉を噛みしめると旨味が口に広がるが
脂っぽさは全く感じられない
20160213gyubenup.jpg
下に敷いたキャベツの食感がアクセントになる
優しい味付けがまた上品だ

無理やり欠点を見つけると
こうこの酸味がやや強いことくらいか


コメント(2) 

なにわの八角弁当 [お弁当]

今日昼に食べたのは
昨日夕方に新大阪駅で買った
水了軒の「八角弁当」である
20151120hakkakuhuta.jpg
もちろん店頭では
昨日中に食べるように言われていた
20151120hakkaku.jpg
そもそも昨日の夕食用に
家族3人分買ったうちの私分だが
この3日間食べ過ぎ飲み過ぎで
胃が受付けなかったのである
それでも買ってしまったのは
新大阪の駅弁といえばコレというのもあるが
その駅構内でもなぜか見つからず
代わりに、同じ八角形の「なにわ満載」という駅弁が
新大阪駅の構内からホームにいたる
あらゆる売店で売られていたためである

これはあかん! ここでも悪貨に駆逐される

思わず関西弁で焦って探し回り
ようやっと「八角弁当」を見つけた店舗で聞くと
新幹線乗り場構内で売ってるのは2か所だけだという

ついでに、同じく新大阪駅新幹線乗り場構内で
「お持ち帰り通天閣」というモロゾフのチョコ菓子を購入した
20151120tutenkaku.jpg
試食担当の女性が、行きかう客にほとんど相手にされず
立ちんぼだったのが切なかったのである
(正式には「通天閣クリスピーショコラ」と呼ぶらしいが
知らんがな、わし…)

というわけで昨日のうちに大阪から福山に帰ってきたのだが
昨日の朝といえば、実はここにいたのだ
20151120sea.jpg
予想は楽勝でしたか?
詳しくはおいおい書きますね
(日光どうすんだ…)




コメント(0) 

三原はいまだに恐ろしい 2014 [お弁当]

駅前が何もなくなって
がらんとした印象の三原である
でも、実は以前として恐ろしいのである

【浜吉のビジネス給食 500円】※福山駅さんすてでも買えます
20140807hamakiti.jpg
道の駅「みはら神明の里」で買ったのだが
スーパーのお惣菜弁当で
日々暮らしている私に言わせれば
見栄えや品数なら
スーパーの弁当の方が
あるいは上かもしれないが
やはりそれらは、安っぽいというか
食べてがっかりなことが多いのだ
20140807hamakititamagoup.jpg
その点、この「ビジネス給食」は
ひとつひとつの、ありきたりな食材を
なかなか乙な味に仕上げているあたり
「さすが浜吉」な出来栄えである
これでワンコインだから上等だ



【共楽堂の「ひとつぶのマスカット」】
20140807hitotubu4.jpg
この存在を知ったのは
実は福山は元町のカレーショップ
「デリー」である
ご主人とお客さんの会話に登場したのだ
聞きはじめだったからメモしておいて
後日買いにいったのである。三原まで

日曜日だったから本店は休みで
イオンにある支店で買ったのだが
開けてみたらば
値段と外装に比べて中身が
びっくりするほど小さい
20140807hitotubu.jpg
ひょいとつまんで口に放りこむと
ほとんど生のマスカット果汁が
いきなりほとばしってきた
外側の求肥の硬さ、人工感と
中のマスカット粒の
柔らかさ・瑞々しさといった自然感との
コントラストが実に鮮やかである
結果、粒が小さいのに
インパクトが大きいのも印象が深い
なるほどなぁと感心した次第だ




コメント(0) 

お弁当ワゴン@船町 [お弁当]

ほぼシャッター通り化した船町のアーケードで
お弁当を売っているワゴンを発見
作っているのは「グラムクルメ」
あれ?どっかで…

市役所筋がワンコイン通りと呼ばれていたころ
その核のひとつだったのが
「グラムグルメ」だったのだが
本業の仕出しが好調で忙しくなり
市役所戦線から昨年離脱したとのこと
つまりこのワゴンは、仕出し・お弁当屋さんが
お店の目の前でお弁当を販売しているワゴンなのだ

ではなぜ船町なのかというと
このワゴンがいる向かい側のビル
「おんどるぱん」の上階が本拠地なのだそうだ
20130330ggkaidan.jpg

主力は日替わりのランチボックスM(500円)と
惣菜パック各種(200円)である

鶏の照り焼き
20130330ggteriyakibento.jpg

山賊焼き
20130330sanzoku.jpg

お年寄りの常連客が多いのは
場所柄だけでなく
質の高さと価格の安さにもあるだろう
お客さんは次から次へと
ひっそりとやってきては
ひっそりと買って帰っていく
ワゴン自体もいつのまにかいなくなっていた
グラムグルメのお弁当が
注文しなくとも一個から気軽に買える
寂れただけに見える商店街の
知られざる人気スポットの一つである
 
 
20130330gg.jpg
(売り切れに近い状態)
10:30-13:00(売り切れ終了) 日祝休
船町2-21



サイト
>http://www.gramgourmet.net
コメント(3) 

木之庄ポテンシャル:きはる [お弁当]

木之庄の一角
ランドマークであるフランドールとひまわりの間
以前和菓子屋さんのあったところに
新しく出来た和惣菜のお店である
店主は「さむらい」出身らしい

惣菜のお店だが、お弁当もいい
日替わりは2種類
630円のと、945円の楓弁当である
20120910kiharu945.jpg
予約しないと売り切れ御免

【日替630円】
鯛めし
20120909tai630.jpg
鮭としめじ
20120909kiharushake630.jpg
出汁の効いたご飯が旨い
そして焼き物の香ばしさが段違い
サイズ以上に満足感が得られハズレが無い
素材を選ぶ目と腕
さすが料理人である

【楓弁当 945円】
はも
20120910kiharuhamo945.jpg

このお弁当箱は一部リサイクル可能で
お店に返すことができるが
お店からは何も言われない
そういう押し付けがましくないところに
店主の人柄を感じる

【予約弁当】
あなごめし 1050円
20120909kiharuanago1060.jpg
さむらい流に細く刻まれたあなごは鞆産
岡山産では駄目なのだそうだ
ほかほかの白ご飯にうず高く盛られ
頭でとったタレをかけて食らう
予約の場合受け取り時間に合わせて調理してくれるので
できたて熱々である
あなごめしのほかうな重(1570円)あり

【オーダー弁当】
さらに、素材や値段、大きさや調理法など
客の細かい希望を聞いて、独自の弁当を作ってくれる
しかも1人前からである
気さくに、積極的に相談に応じてくれ
いろいろ試してくれるのがありがたい

あなごめし(特注オリジナル) 1320円
20120909kiharuanago1320.jpg
20120909kiharuanago1320up.jpg
上記予約弁当のあなごめしは
白ご飯に細切りあなごにタレかけて、だが
タレまぶしご飯に通常サイズの
うえの風あなごめしを作ってもらったら
うえのに負けないくらい旨い
備後あなごめしが出来上がった

予約こそ必要だが
こういうあなごめしを
帰宅途中に立ち寄って買えるというのは
とても幸せなことであると思う
朝も昼も時間がなく碌な食事が取れず
ゆっくり食べられる夜になると、今度は
肉気脂ものを受け付けられなくなる私にとって
フレスタの半額お寿司以外に
これほどの選択肢が一気に拡がったのは
ありがたいとしか言いようがない

【惣菜】
看板めにゅーだけに充実している

焼長茄子 210円
20120910kiharunaganasu.jpg
見た目も素晴らしいが味も超うまい
そしてこの値段である
夜はお酒とこの一品だけでもいいくらいだ
 
  
きはる
20120910kiharu.jpg
木之庄町1-4-18 メゾン木之庄1F
10:30-13:00/15:30-19:00 火・不定休
P2台



コメント(6) 

家族旅行2012夏 #5: 名無しうずみ弁当;期待しないほど結果が良い法則 [お弁当]

笠岡諸島の真鍋島を出港した船は
瀬戸内海を南下し、香川県は三豊市に向かう
広島県から岡山県を経由して香川県へ
本州から四国へ島づたいの船旅である
その船中、鞆で運び込まれた弁当が配られ
昼食タイムとなった

パンフレットや案内書では
「地元食材を使ったお弁当」
となっていたが、その正体は「うずみごはん」であった
それを聞いたとたん、普段から馴染んでいる
プラ容器で、すっぱい酢飯の
しょぼいうずみを想像した

そして実際目の当たりにすると
20120815uzumibento.jpg
ああ!やっぱり (-。-;
しかもセブン・アイのポリ袋に入れられているではないか

どうせセブンイレブンに卸している業者製だろうと
容器をひっくり返して見てみたが
製造者名、製造年月日などがどこにも書いていない
旅の良し悪しは昼食で決まる
家族に申し訳ない気持ちで、ふたを開けた
20120815uzumi.jpg

ところがである
これが旨いのである
それも半端なく旨い

ごはんの酸っぱさが上品で
のっかってる具材が大ぶりなのだ
しかもご飯を掘ってみると
20120815uzumiup2.jpg
鯛やら穴子やらタコやらがいっぱい出てくる
しかもそのどれもが大きくて美味しい
鯛なんて焼いた切り身がまるごと入っていた
20120815uzumiup.jpg
家族も「美味しい」と満足していた
如稲や松永ルナプリントップ
20年前くらいまでのひろしま駅弁もぐり寿司に匹敵する
素晴らしいうずみ弁当であった

コメント(0) 

ココストアで沖縄を [お弁当]

私がゴーヤチャンプルを作る場合
豚肉は普通の薄切り肉を使うのだが
沖縄ではランチョンミートを使うのだそうだ
スパムむすびとかでも知られる
ソーセージみたいなやつである

新涯にあるココストアは
福山コーラ販売店として知られるが
ランチョンミートを使ったお弁当や
ラーメンやお菓子などの沖縄限定商品が多く
人知れず沖縄系なお店である

八風畑監修タコミートばくだん 250円
20110608takomet.jpg
おそらく福山ではここだけの
沖縄系ばくだんにぎりである
ランチョンミートとタコスミートの
2種類のお肉が入っている
タコのピリ辛な風味と挽肉のごろごろ感が独特で旨い
20110608takomtup.jpg
なお八風畑(やふぅばたけ)とは
沖縄にあるオープンカフェらしい
いっぺん行ってみたいな
>http://www.manten-r.co.jp/
 
 
20110608cocostr.jpg
ココストア新涯店
新涯町4-7-13



店内で調理されるお弁当も
テレビ番組とタイアップしてるような
大手コンビニとは一線を画す内容で楽しい
共働きのお母さんが
大急ぎでこしらえたかのような
玉子焼き弁当(390円)
20110608tamaben.jpg
この美味しさは
脱コンビニ本格派志向の大手には
逆に出せないんじゃないかと思う


コメント(0) 

みそかつサンド再び [お弁当]

一方
わがセントラルキッチン
木之庄フレスタでは
駅弁・空弁大会が行われていた
そしてなぜか、名古屋ものが多かった

名古屋コーチンや一色産うなぎ釜飯など
高級名物駅弁がひしめくなか
私が選んだのはやはり

みそかつサンド(トーストタイプ) 600円
20110227miskatbox.jpg
八丁味噌がイケる口なら
安定して旨いサンドイッチである
パンであれカツであれ
カリカリよりしっとりが合う気がするのは
八丁味噌に限らず小倉あんなど
名古屋物の特徴かもしれない
20110227miskatu.jpg

コメント(2) 

超PA超SA [お弁当]

海老名SAが東名の雄だったのは今は昔である

と断定できるかどうかは知らないが
今までのSAやPAを超える施設として名づけられた
EXPASA(エクスパーサ)というのがある
現在全国で3か所あり
このたび東名高速の足柄SAがリニューアルしてEXPASAとなった

足柄SAといえば
福山三原行き夜行バス・エトワールセトの休憩地であり
保存のきかないおだんご「富士山の雫」で(私に)有名だ
そういえば改良工事後
どこに何があってどういう位置関係なのか
全然わからなくなったなと思っていたが
EXPASAになり巨大化したためだったのだ
何せクルマとバスとで
乗りつける場所が建物の正反対に分離しているほどである
当然店舗も数多くリニューアルしており
夜行バスで寄る時は(深夜だから)大概閉まっているが
このたびクルマで寄ったときはどの店も開いていて
その盛況ぶりにあらためて驚いた

柿次郎という甘物屋さんに
なぜか牛めし弁当が売っていて
あのギャル曽根が大絶賛と言うから
またかと思ったが買って食べてみた

黒毛和牛 牛めし 1050円
20110122asigaragyumesi.jpg
ちょい甘めの味付けで汁や脂は大目
牛肉自体は薄いが香ばしさがあり
柔らかくもあり硬くもある噛み応えが
良い肉であり良い味であるというのが分かりやすい
20110122gyumesiup.jpg
何とも言えない絶妙な味わいでは無く
10人食べたら7~8人は美味しいというだろう味である

この柿次郎
柿安という三重県のグルメ会社のブランドであり
この牛めし弁当はその柿安の製品である
そしてこの柿次郎
天満屋福山店B1にもあるのだった
さらにこの牛めし弁当
福岡大丸ほか全国各地のデパートでも
(同じ値段で)売っているのである
なーんだ
さらにさらに
JR京都駅伊勢丹にある惣菜バイキングレストラン
「三尺三寸箸」も、この会社のお店なのだった
なーんだ
 
 
EXPASA足柄(東名高速道路足柄SA下り線)
20110122expasaasigara.jpg
静岡県駿東郡小山町桑木59



   ☆   ☆   ☆

東京までクルマで行くのはしんどいが
良いこともある
全国に3つしかないEXPASAのうち
2つに寄れることもその一つだ

滋賀県のEXPASA多賀で人気だというのが
近江牛カレーパイ(10枚入)580円である
20101231omigucry.jpg
さすがに牛肉は入っていないが
いかにも牛肉を煮込んだカレーの味が
ビターチョコの風味を醸し出していて
真っ当な甘いパイのバリエーションである
家族の評判も上々だった
20110104omigucryup.jpg
ちなみにこのパイを制作した
お店の住所が母の里だった
その母が好きだった「埋れ木」という銘菓も
ちゃんと置いてあったが(これ結構凄い)
高価なので断念した
とても断念である
 
 
EXPASA多賀(名神高速道路多賀SA下り線)
20110104expasataga.jpg
滋賀県犬上郡多賀町敏満寺66-36


ちなみにここ
餃子の王将があるSAである

コメント(2)