So-net無料ブログ作成
検索選択
喫茶・カフェ ブログトップ
前の10件 | -

盆帰省2017:カフェ・ブラジレイロ(福岡・博多) [喫茶・カフェ]

お盆期間だから開店しているかどうか
駐車場はあるかどうか
予約が可能かどうか
妹の軽でこの店に向かいながら
電話をかけたのだが
2度に渡り「お待ちください」と断られた
かけてから10分経過したのを確認して
私は静かに電話を切った

もちろん腹が立ったが
この目で店の様子を確かめてからと
気を取り直す

#3488reiro20170814.jpg

2階もあるようだが
案内されたのは1階のカウンター
お盆期間中の土曜日
狭い店内は満席
来客は後を絶たず
かといって行列が出来るわけでも無い
何せ昭和9(1934)年からやっているという
老舗中の老舗である
常連も多く、その多くが地元人なのだろう
「また今度」とばかり
あっさり帰って行ったり
かと思えば、空いた隙を狙ったり

応対する店のご主人だって
それが品の良いおばさまなのだが
(さっきの電話の張本人である)
言葉が足らないのだ
今、店が忙しいとか
電話ではひとっ言も口にしなかった
客であるこちらが腹かいたら
それで終わりである
それでも構わないという
潔さというか素っ気なさというか
でも決して意地悪なわけでも
偏屈なわけでも無いのだ
実に博多のお店っぽいじゃないか

我々家族が訪れたのはお昼過ぎだったが
名物のミンチカツもハンブルグステーキも
すでに売り切れ
家族はオムライスを
私はハンブルグステーキランチ(トマト&バジル煮込み)を注文
#3482hamburg20170814.jpg
(ライスは小盛にしてもらった)
煮込みでもあるので
脂じゅーじゅーギトギトでは無く
優しくふんわりとした美味しさで
大きめのタマネギも気にならない
家族のオムライスも同じような印象だった

ランチサービスの珈琲はデミタスサイズ
#3485demitasice20170814.jpg
ホイップクリームを載せてくれる
このクリームの容器も
スプーンやフォークに紙が巻いてあるのも
カウンターにサイフォンが林立せず
見通しが良いのも好ましい
このように店内には
厳つい威厳といったものが見当たらない
狭くて肩を寄せあう感覚も悪くない
こころ安らぐ雰囲気だ

我々が注文して程なく
ランチメニューは売り切れた
まだ1時まで20分くらいあるというのに

福岡で生まれ育ってうん十年
まったく知ることの無かった老舗カフェである
あの「陸軍」の撮影時には
撮影地ほど近い中州にすでにあったという
同じく、福岡に赴任して半世紀以上
このお店の存在を入らなかった父は珍しく
ご主人に再訪を宣言しつつお店を後にした

【おまけ】
ブラジレイロ正面に立つハムの自販機
#3498jihanki20170814.jpg
中にはチャーシューやソーセージが並ぶ
#3492jihankinaka20170814.jpg


コメント(0) 

駅前新時代:J CAFE 福山店 [喫茶・カフェ]

福山駅前の新しいバスターミナルと
駅前大通りを真正面に広々見渡せるカフェが
福山駅の2階に出来た
(かつてのスタバをパワーアップしたかのようだ)
電車やバスの時間待ちや
駅前ショッピングの休憩など用途は広い
夜11時まで開いているのは
女性には心強いだろう
20140425jcafenight.jpg
(夜も結構明るいのがいい、なんと言っても駅構内だ)

ランチタイムは11:00~16:00とゆったり
しかも値段は1000円以下
17:00からは「夜セット」1600円があるそうだ
アルコールももちろんある
ドリンク単品は500円からとやや高いのが残念

ソファ席では時間を忘れてしゃべり続ける女性グループ
窓際のカウンターには時間待ちや待ち合わせの一人客
喧しくはないがビートの効いたBGMで
家族連れも含め、やや若向きの雰囲気ではある

飾り気のない入口
20140421jcafeent.jpg

カウンターの眺め(ピーチティーとともに)
20140421jcafewndw.jpg
 
 
J CAFE 福山店
20140421jcafe.jpg
11:00-23:00(金土祝前日は25:00)
広島県福山市三之丸町30-1 さんすて福山2F
コメント(2) 

tokioリベンジ旅2013暮 その3:.上島珈琲店 [喫茶・カフェ]

東京駅まで座ってきた席が先頭に近かったので
そのまま日本橋口から出て
地下鉄千代田線の大手町駅まで歩いて行く
これが結構距離があり20分くらいかかった
駅に着くと、電車は案外早く来て
赤坂サカスの最寄り駅、赤坂駅についたのは
10時半を過ぎていた
20140101tbs.jpg

スマップショップ前に行列はなく
談笑していた係員に聞くと
朝8時過ぎには配布を終了したとのこと
20140101smapshop.jpg
ここで整理券を手に入れて妹に渡して
という目論見は完全に潰えた
仕方がないから
近くの喫茶店「上島珈琲店」でひとやすみ
20140101uesimacof.jpg
UCCが10年前から出している
ネルドリップにこだわった喫茶店らしいが
中国・四国には一軒もないので珍しいので
思い切って入ってみたのだ
半分セルフで価格も安くフードメニューもある
20140101akasakacof.jpg
黒糖ミルクコーヒー(350円)が美味しかった

コメント(2) 

福岡の喫茶店:珈琲舎のだ [喫茶・カフェ]

正月用の珈琲を買いに出かけたのは
1966年創業の老舗、珈琲舎のだ
福岡市内5店舗のうちの1つ
博多駅前朝日ビル地下1階にある
サンプラザ店である
このお店にしようと思ったのは
ここが焙煎したという「のこブレンド」が
美味しかったからだ
豆を買う前に店内で喫茶
サンプラザ店はカウンターのある方が喫煙席
焙煎室のある方が禁煙席と完全に分断化されている
西新宿のミヤマコーヒースタイルである
雰囲気は旧き良き懐かしの喫茶店だが
コーヒーはどれも500円以上する
20131231nodacof.jpg
私(手前)は「タツノコブレンド」
向こう側(妹)が「のだブレンド」
どちらも578円もするが、これで最安値なのだ
ホイップクリームがひどく懐かしい
味は私の苦手なエグ味というか苦味が強いタイプ
ところが、砂糖を入れたとたん味に艶が出た
さらにクリームを入れるとまろみがでて味わい深くなる
本格的で一筋縄ではいかない感じがした
少なくとも、ストレートで飲むタイプではないと思う
 
 
珈琲舎のだ サンプラザ店(博多駅前)
20131231nodasanp.jpg
平日土曜  9:30-19:30OS
日祝  10:00-18:30OS
※1/1-1/2は休み
福岡市博多区博多駅前2丁目1-1
福岡朝日ビル地下1階




コメント(2) 

備後のカフェ窓;あらびあん喫茶(紅葉町) [喫茶・カフェ]

20130908arabianmado.jpg

コーヒー一杯350円
それ以外はパンくらい
だからメニューも置いていない
真の純喫茶である

そのコーヒーは
苦まったり味の
ちゃんとした本格派
茶器もいい

店内は清潔で
掃除が行き届いている
花も絵も飾られているが
生活感がどこか希薄で
まるでドラマのセット
もしくは居抜き物件のような
こざっぱり感だ
お向かいの「濃い」お店とハシゴすると
バランスがいいと思う

バブル更地に囲まれ
オフィスビルをバックに
ぽつんと一人たたずんでいる

 
あらびあん喫茶
20130908arabian.jpg
?~19:00 日祝休
紅葉町2 - 16



コメント(0) 

備後のカフェ窓2013:コンフォート(旭小学校前) [喫茶・カフェ]

20130629kafemadoconfot.jpg

カレーを喰いたかったのだ
時間と距離の関係で
ボギィにもココイチにもとんと御無沙汰だった
で、福王ソースを買った帰りに
近くだったから寄ってみたのだ

メンチカツ目玉のせ 1000円
20130629conftmentikatu.jpg
カレーのメニューの下にあるから
ついメンチカツカレーだと思って注文した
カレーの代わりに
コクのある濃厚なデミソース
これが、衣かしかしさくさく
熱々肉汁じるじるのメンチカツに合う
20130629menti.jpg
手づくりハンバーグが売りの
老舗洋食屋さんらしい
本格的メンチカツハンバーグである

余談だが、おそらくどこぞの黒カレーは
このデミソースと同じ方向なんだなと思い至った
私にとっては、このメンチカツのソースがぎりぎりで
黒カレーは行き過ぎなんだよなぁ…まあ好みだけれど
 
 
コンフォート
20130629conft.jpg
8:00-21:00(LO21:00) 日休 Pあり
入船町1-3-4


入ったとたん、煙草の煙がしみる
ランチタイムでなくても旨い飯が食える
旧き良き備後カフェレスである
(昼と夜に分煙タイムあり)


コメント(0) 

穴場的結婚式場カフェ Memoire [喫茶・カフェ]

去年までウチの職場にいたある女の子が
結婚式場のカフェでよくランチすると言っていた
クルマで通りがかりに看板が出てるのを見て
寄ってみる気になったのは
それを思い出したからだろう
20130429memoiremainmenu.jpg

ドリンクメニュー
20130429memoiremenu.jpg

ミックスベリーのワッフル(ドリンクセット) 1000円
20130429waffl.jpg
カレー、グラタンと並ぶ主力メニューの1つ
やや待たされ、出来立てでもなかったその味は
甘くなく、酸味がしっかりしていた

それよりなにより
カトラリーがぴきゃぴきゃだったこと
春日~蔵王を一望するその眺め
(それが価値があるかどうかはともかく)
そしてこの雰囲気
20130429memoire.jpg
それを独占できることにこそ価値があるのだろう
 
 
BRASSERIE Memoire
20130428memoire.jpg
11:00-19:00(L.O. 18:00) 水休 Pあり
春日町6-31-1



コメント(0) 

猿猴橋パール [喫茶・カフェ]

路面電車は広島駅前を出発すると、すぐに止まった
信号待ちかと思いきや、そこが最初の停留所
猿猴橋町(えんこうばしちょう)である
目の前に異様なお店が見える
いまにも押しつぶれそうな旧い建物
喫茶店らしい 開いているようだ
いつか機会があったら寄ってみたい
ずっとそう思っていた

昨年やっと訪れた時
そこは、つけっ放しの競馬テレビ以外
何も流れていない空間だった
いろんなことから取り残されたじじばばが
珈琲をのみスポーツ新聞を眺めている
平日の福山競馬場のようだと思った
20130331perlstand.jpg

口をあんぐり開けたような気分で
ペコペコで小さく低すぎる椅子に
押し込められるように座り注文した珈琲
それが予想外に異常なほど美味しく
思わず豆を衝動買いした
持って帰って自分で挽いて飲んだ味は
コクがあるのに苦くも酸っぱくもない
これぞ私の求めていた味
やっとめぐり合ったと
豆を買いに次に訪れたとき
黒光りする円柱にお知らせが
20130310kakui.jpg

Aセット(ロールパン)のハムセット 760円
20130330perlhamset.jpg
モーニングメニューと思われる
このAセットとBセット(トースト)は
終日食べられるようだった
コーヒーは単品より濃い目である

なおハムセット以外にはエッグセットがあって
こちらはもう玉子だらけという感じなのだが
AとBの使い分けと重なってやねこい

こういう、このお店独特の
微妙な名前付けはほかにもあって
たとえば「牛乳コーヒー」と「ミルクコーヒー」
前者が牛乳とコーヒー半々なのに対し
後者は牛乳の代わりに
コンデンスミルクを使っていたりした

カレーライス 1000円
20130331perlcary.jpg
お店の雰囲気だけからすると
ある意味強気な値段設定だが
なかなかどうして
全然辛味も香味もないものの
お肉もお野菜もゴロゴロな
美味しい駅前食堂カレーである
このお店は軽食類も充実しているようだった

パール喫茶店は
昨年11月25日で閉店した
20130310receipt.jpg
また珈琲の迷い子となってしまったが
いつかどこかで出会いたいと思う
 
 
パール喫茶店
20130310enkobasi.jpg
広島県広島市南区松原町5-4



コメント(2) 

春の香り番長@セブンカフェ [喫茶・カフェ]

中津原浄水場の近所に出来た
新しいセブンイレブンの朝は
コーヒーの匂いがすこぶる香ばしい

他の店舗でもやっているのだろうが
特にこのお店は、毎朝力を入れているようだ
その証拠に、商品棚まで隠す勢いである
20130421sevenposter.jpg

そのにおいに誘われて
ついついコーヒーを買い求める客が後を絶たない
もちろん私もその一人だ
もはやうなぎ屋さん状態である
飲んでみると、味は香りほどではないのだが
それはわかっちゃいるのだが
次の日の朝になると
あの香りが恋しくなるのだ
朝はやっぱり珈琲ですぜ旦那

ほぼ蒲焼同然のほいほい珈琲まっしーん
20130421sevenmachine.jpg
 
セブンイレブン福山中津原堂前店
20130421seven.jpg
福山市御幸町大字中津原堂前825-1



コメント(2) 

合言葉はWPT [喫茶・カフェ]

松永ルナのプリントップには(大)がある
ということをコメントで教えてくださった方がいた
(その上はない、ということはお店の人に聞いた)
その名も「ダブルプリントップ」略してWPT

ある朝、久しぶりに高西町の華さくでモーニング♪と思ったら
大勢のじじばば、特に備後ばばあに事実上実効支配されていた
口もおなかも受入れ態勢万全だった私はひどく落胆した
と同時に、今こそ作戦決行の時だとハンドルを切った
年寄り連中への対抗意識もあったかもしれない
身体への負担が大きくて彼らには無理なことだからである
すなわち

朝食代わりにWPTを食う

松永ルナに着き、席に案内される
当然のようにモーニングで?と確認するおねいさん
そりゃそうだ
他の客のほとんどがモーニングを食べている
タバコの煙を吐き出しながらである
(備後カフェの風情いまだ健在だ)
注文した瞬間、となりのタバコ&貧乏ゆすりが
チラッと私を見た

どーん
20120925wtp.jpg
(ダブルプリントップ 850円)
でかい、そして背が高い
あの長い匙でやっと底に届くくらい高い
写真では伝わらないくらいの迫力である
普通のプリントップでさえでかいのにだぜぇ
最初に注目したのは
2つ目のプリンが何処にあるかであるが
想定の範囲内ながら、あーなるほどであった
うずみパフェここにきわまれリである

松永ルナのプリントップはかなり美味しいので
あえて厳しく味の感想をいうと
普通のプリントップのほうが
プリン、クリーム、果物のバランスが取れている気がする
WPTはクリームの存在感が勝っていてやや爽快感に乏しい
そういう意味では
木之庄フランドールのプリントップに近いかもしれない

グラスが深すぎて
底に溜まった果物の破片は匙ではすくえず
お冷を数回投入して飲み干した
もう少し歳を取ったら出来ないだろうなあ
(ざまーみろ)
あーおなかいっぱい
ご馳走様でした
コメント(0) 
前の10件 | - 喫茶・カフェ ブログトップ