So-net無料ブログ作成
検索選択

舞浜2016の1 飛び立つまで [お出かけ]

同じ時期に同じ方法で
同じところに行くだけだが
私も、私の家族にとっても
年に一度の大型旅行になりつつある
今回はさらに大きな事態に至ったが
それは帰ってからの話

福山駅7番線ホームのエレベーターの扉が開くと
mai16#0261.jpg
ひんやりとした夜明け前の空気の向こうに
山陽線上りの始発117系電車が待っている
乗り込んで気づいた
駅名板の色がホームで異なっているぢゃないか
mai16#0263.jpg
mai16#0264.jpg

終点岡山でリムジンバスに乗り換え空港へ
昨年は割と早く夜が明けた気がするのに
岡山空港についても今年は空がまだ暗い
出発便案内板の桃印を仰ぎみつつ
mai16#0267.jpg
保安県査場を抜けた正面に
フツーな外見の767が待っていた
mai16#0269.jpg
乗り心地のいい素晴らしいヒコーキなのだが
外見はやっぱりフツーだ
そのフツーの機体が上り始めた旭光に輝く
mai16#0282.jpg
mai16#0284.jpg
定刻どおりターミナルを離れ滑走路に向かう
mai16#0285.jpg
ジンベエジェットに見送られながら
mai16#0286.jpg

コメント(0) 

駅前旅行2016 #3 福山城2つの国重要文化財 [お出かけ]

【伏見櫓】
20161106husimi#0229.jpg
豊臣秀吉が築き
徳川家康によって再建された
伏見城の松の丸東櫓を
福山城に移築したもので
現存する最古の櫓のひとつであり
国の重要文化財である
その伏見櫓の、この日(文化の日)は
年に一度の公開日なのだ

中は犬山城を彷彿とさせる
がらんとした板張りの空間と急な階段
2016kaidan#0226.jpg
1階の梁には修理銘板
20161106doban#0220.jpg
とその写し
20161106setumei#0220.jpg
窓は内側が広いタイプ
20161106mado#0217.jpg
南側の窓からは福山駅
20161106geri#0219.jpg
三階天井の梁
20161106tenjo#0224.jpg

【筋鉄御門】
20161103gomon#0235.jpg
伏見櫓とともに国の重要文化財である
上記の修理銘板がそうであるように
並んで扱われることが多いことから
私も勘違いしていたが
伏見櫓と同じく戦災を免れてはいるけれども
伏見城からの移築とは断定できないようだ
20161103husimi#0234.jpg
筋鉄御門から伏見櫓を望む

コメント(0) 

駅前旅行2016 #2 福山城天守閣 [お出かけ]

2016fukuyamazyo#0232.jpg
うずみは食べたので今度は
登ったことのない天守にでも登ってみようかと
入ったことのない天守閣に入ったら
そこが福山城博物館だったのだが
展示されている資料の中に
藩主として赴任してきたばかりの勝成公が

   今はただの芦原だけど
   この地に街を作れば栄えるに違いないぞよ

とかなんとか、本当かどうか知らないが
そんなことを言ったと書いてあるのを見て
いいなあなんかロマンチックだなやと思ったのだった

   そういやあ芦田川とか葦陽高校とか芦原とか
  「芦」に関わる地名が身近にあるしなあ

そして勝成公が実際に広大な芦原を埋め立て城下を造成した結果が

20161103siromiroad#0204.jpg

20161103siroview#0202.jpg

20161106sirokita#0203.jpg

なんか「火垂るの墓」のラストシーンみたいだ
この天守自体、福山の街とともに
終戦間際の空襲で消失したのだが
こうして復活して栄えている
いっそ「くろがねの城」の復活をも希望する次第である

展望台にあるレトロなメダル販売機
20161103medal#0206.jpg
自動車時計博物館であれば既に展示品レベルである
コメント(0) 

駅前旅行2016 #1 水野勝成うずみ [お出かけ]

大河ドラマでは
いずれオフロスキーをやっつけてしまう
我らが勝成公なのだが
うずみとは本来関係無いのである
なので、世を忍ぶ仮の福山人である私ですら
違和感を抱きつつ、でもそれが食べたいがために
福山城公園で行われるうずみフェスタに出かけたのだ

水野勝成うずみ 500円
20161103uzumi1#0192.jpg
白味噌にこんもりごはんだけじゃんと思いきや…

20161103uzumi2#0210.jpg
にんじん、ゴボウ、厚揚げと
底からどんどん出てくる
そして一番下から顔を出した鯛
これを食べたとたん
そのぶ厚い切り身の食べ応えとうま味に
はたと合点が行った
それまでは
量が少ないのと
白味噌を含むすべての具材の味の薄さ
甘いのでは無く優しすぎる味付けで
パンチが無い分焦点がぼやけていて
何がどう美味しいのか分かりづらく
唯一、このうずみを受け取る時に
トッピングされた柚胡椒が
味の方向を決めていたのだが
実は鯛こそが
このうずみの主役だったのである
様々な具材のうま味をわざと引き算して
鯛を核として柚胡椒をアクセントにした
シンプルだが奥深い味だと感動し
お代わりまでしたのだが
私の勘違いだろうか

なお後で知ったのだが
制作したのは川長で
お店では「鯛うずみ」を出しているらしい

もう一つのトッピング
20161103uzumi3#0194.jpg
水野さんちの紋は「抱き沢瀉(おもだか)」
なお福山の名産であるクワイは
オモダカ科の水生植物であるという





コメント(0) 

3月東京行#5 新宿ぶらぶら2016 [お出かけ]

早稲田から地下鉄で新宿へ
もう一泊する上司とここで別れ
帰りのバスの時間まで
つかの間の新宿ぶらぶら

伊勢丹
20161009isetan#2715.jpg
中には入らず

王ろじ
20161009tonkatu#2716.jpg
とん丼という名のカツカレーが絶品だという
老舗のとんかつ屋さんだが入らず

アルタ前
20161009alta#2719.jpg
入るところがない

複合施設NEWoMan
20161009mimamiguti#2722.jpg
オープン前日で入れず

胸がいっぱいになりそうな甲州街道を進み
20161009koshurd#2720.jpg

いつものミヤマでいつものチャイラテ
20161009chailate#2725.jpg

いつものハルク前からいつものエトワールセトで
20161009daqbus#2727.jpg
帰りましたとさ、マル

コメント(0) 

3月東京行#4 都電荒川線で早稲田へ [お出かけ]

三ノ輪橋といえば都電荒川線の起点である
ここから都電に乗って終点早稲田まで
これから一気に都電完乗するのだ

三ノ輪橋駅に着くと同時に
最新の8900形が到着、即発車していく
20161009newtype#2685.jpg

我々が乗ったのは
電気機関車を除けば
都電はおろか東京でも唯一の
吊り掛け駆動方式※の電車である
7000形のそれも第1号で
しかも旧塗装色
20161009minowabasist#2687.jpg
※モーター重量の半分が車軸にかかるので
 振動が多く、音もうるさい

鉄ちゃん気質の上司は乗り込むなり
椅子席には目もくれず、運転台背後に仁王立ち

起伏ありの、曲がりありの
自動車併走ありの、軌道専用線ありの
繁華街ありの、住宅地すれすれありの
都電おもいで広場ありので
20161009shako#2698.jpg
早稲田に到着したのは約1時間後だった
20161009wasedast#2708.jpg

早稲田なので早稲田大学に寄る
20161009okuma#2712.jpg
オサレなカフェなんかあって
20161010wasedacafe#2709.jpg
なんだバカヤロー



というふうに思いました

コメント(0) 

3月東京行#1 大正大学でカレーをはしご [お出かけ]

職場の上司と連れだって
春日部に住む元上役に会いに行った
上司は出張、自分は自腹である

上司の出張に付き合うので
行きは「のぞみ」一択であり出立は朝いち
常連じじばばが煙草をくゆらす
古き良き備後カフェレス
駅前白ばらで腹ごしらえ
20160523sirobara.jpg
20160523sirobaramo.jpg

京都停車中
20160529yuko.jpg
京都といえば夕子

午前中のうち、あっという間に東京着
201603tokiost#2551.jpg
上司はいつものように私を振り回す
まず駅前の郵便局でお金をおろすんだと
20160529tokiopost.jpg
20160523tokyost.jpg
その足で八重洲地下にある東京メトロの案内所で
Tokyo Subway Ticketを購入
201603subwaycard#2577.jpg
東京メトロ線全線および都営地下鉄線全線を
1200円で48時間乗り放題
この旅行を通じて大変重宝した
ただしこれは
新幹線のきっぷをEX予約で買ったから
購入できたのであって
単独では販売されていないのでご用心

荷物を預けに宿に行く途中の小川軒
20160522ogawaken3nan.jpg
小川軒も兄弟でのれん分けしていて
これは神田の小川軒である

荷物を預けるとすぐに
上司の出張先である大正大学へ
201603mon#2573.jpg
巣鴨にある仏教系の私立大学で
山手線の大塚駅の北にある
コンビニ弁当で昼食を済ませた上司が
そそくさと会議に向かうのを見送り
休暇を取り自腹で上京した自分は
ゆっくりじっくり食堂を楽しむ
ますは10号館1階にある
201603shokudoubd#2557.jpg
カフェテリアで
201603cafeteria#2559.jpg
カレー
201603cury1#2561.jpg

つづきまして
5号館8階にあり
201603shokudoto#2564.jpg
プリンスホテルが運営する
大正大学が誇る眺望抜群なレストラン
201603shokudouview#2568.jpg

Cafe&Dining 鴨台食堂(おうだいじきどう)by Princehotels&Resorts
201603oudaishokudo#2554.jpg
でカレーランチ(ラム肉) 880円
201603curry2#2571.jpg
いわゆるレストランカレーで
付け合わせも含め上品で優雅だが
プリンスホテルを名乗る割には
雰囲気ほどサービスが良くない
派遣じじいのホールサービスは他人事
正職員らしきカウンター姉ちゃんは
常連マダムにだけ愛想がいい
食堂正面の眺望もマンションだらけ
201603manshonview#2569.jpg
4分の1近い値段のカフェテラスのカレーが
よっぽど価値があったように思う
300円に満たないカレーの鶏肉は
ラム肉以上に食べ応えがあったし
店員のおじちゃんおばちゃんも気さくだった

夕方会議を終えた上司と春日部へ
201603kasukabe#2576.jpg

スカイツリーラインの車窓に
同じ高さ同じ種類の建造物が
果てしなく続く
著しく変化にとぼしい沿線風景の
挙げ句の果てにたどり着いた
憧れのしんちゃんの街
春日部は遠かった
(つづく)

コメント(0) 

3月東京行#2 初皇居 [お出かけ]

春日部から東京に戻った翌朝
上司と二人でトーキョーカンコー
まずは、たまたま時期があった
皇居乾通り一般公開へ

大勢の見物客の波に乗り
警察官に先導されながら
内堀通りをゾロゾロと進む

振り返れば、皇居のすぐそばにも関わらず
安マンションのような醜悪きわまりない巨大な建物が
存在感を誇示するかのように立っていて
強烈な違和感と気持ち悪さを感じた
あとで調べたらパレスホテルだそうだ
写り込まないよう撮らなければならない
まるで宮島の鳥居状態である
#258020160718marunouchi.jpg

坂下門をくぐる
#2582entrance201603.jpg
ここからほぼ一直線の乾通りを
桜見物しながら歩いて乾門から出るのだ

【右手】富士見櫓
#258620160718siro.jpg

【左手】宮内庁庁舎
#2589kunaicho201603.jpg

カクカクした枝が歴史を感じさせる
#2600sky201603.jpg

【右手】富士見多聞
#2604isigaki201603.jpg
この石垣の向こう側(東京駅側)が本丸跡である

#2607monn201603.jpg
左手のこの門の向こう側が皇居である

再び右手の富士見多聞
#2608siro201603.jpg
石垣の前に蓮池壕があるらしいが水面は見えない

【左手】門長屋=長屋門である
#2611monnagaya201603.jpg
東照宮と同じく枝振りに風情がある。盆栽みたいだ
#2614kawara201603.jpg
#2621sakura201603.jpg
#2631sakura201603.jpg
#2633sakura201511.jpg

【右手】乾壕越しに竹橋方面を望む
#2638hori201603.jpg
#2640hori201603.jpg
#2643hori201603.jpg
#2649sakura201603.jpg

乾壕ばかり見てたら、出口(乾門)がもう目前だった
#2651exit201603.jpg


コメント(0) 

3月東京行#3 東京メトロ日比谷線で行く接待散歩  [お出かけ]

【玉ひでで昼食】
お昼は上司の強いおすすめ(命令)
日本橋人形町にある親子丼発祥のお店だ
#2653tamahidesign.jpg
普通は避ける「平日なのに行列」にならび
#2654tamahidegyoretu.jpg
店に入ってからも順番を待って
やっとテーブルについたあと
出されたのがお茶とスープ
#2657tamahidesoup.jpg
そして「元祖親子丼」
#2658oyakodon.jpg
軍鶏(しゃも)を使ってるとのことで
堅めで小さく味も噛み応えもややクセのある鶏肉と
見た目は凄いが食感はそうでもないふわトロさ加減の玉子
美味しいんだけど思っていたのとはちょっと違う
「そう簡単においしいとは言わせんぞ」的な
老舗ならではの渋い親子丼だった

【築地本願寺】
#2662tukijihonganji.jpg
たまたま出くわしたフェスはフェスでもフードフェス(タ)
親子丼食べたばかりだったので何も買わず何も喰えず

【築地四丁目交差点】
#2664kosaten.jpg
さすが築地
横断者待ちのクルマの列に
しれっとターレットカーが紛れ込んでいる

【場外市場】
#2667jyogai.jpg
この日は市場は休みだったが場外市場はあいていた
というか月曜日である
というか外国人が多い
(卓球でお腹いっぱいだよ~)

【つきじ常陸屋のたわしつりー】
#2669tawasitwr.jpg
築地だろうが3月だろうが関係ない
なんでもありのこの混沌とケオスが
逆に今の築地にふさわしいのかもしれない

【カフェバッハ】
ターミナル駅北千住ではなく
JR貨物の墨田川駅がある南千住で地下鉄を降り
住宅街でも無くビジネス街でもないバス通りを
スカイツリーに向かって歩く
これといったお店が周りに何も無く
看板類も無いので
上司連れの私はたどり着いてほっとした
#2672cafebach.jpg
今津リトルウイングのマスターによれば
東京二大うまいコーヒー聖地の一つであり
メデイア露出も多いお店だ
しかしなんでこんなに行きづらいところに
あるのだろうか

月曜日なのに混んでいたので
座ったのは入り口に近いテーブル席
隣には若いママさんグループが
相当下品な芸能ネタで盛り上がり
騒がしいことやかましいこと
最奥のカウンター席では
いかにもな自称コーヒー通たちが
眉間にしわを寄せている
想像していたのとは全然違う雰囲気なうえ
注文からでてくるまで時間がかかかったので
意外だわイライラするわがっかりだわで
正直期待は萎む一方だった

イタリアンブレンド
#2671bachcup.jpg
一度飲んだだけではなんともいえないのだが
この一杯でそれまでの不快な気分が
一掃されたことは事実である
気分良すぎて豆だけでなくパンまで買ったほどだ
#2735bachpan.jpg

隣のママさんたちは、席を立つ際
自分たちが長居したことで出た待ち客を見て
「この店有名な店だったの?」
などと独りごちていたけれど
気取らない街に根ざした
飾ることのない本物のお店なんだろうなと
思った次第である

買って帰った豆「バッハブレンド」は
#2731bachblend.jpg
お店で買ったそばから
なんともいえない良い香りが立ち
その香りは(味も)日にちがたっても
なかなか失わなわれることのない
力強い(自分史上最強)ものだった

【ジョイフル三の輪】
南千住から三ノ輪橋へ
小さい携帯画面で地図を見ながら
勘を頼りに見知らぬ住宅街を歩く
エビデンスの無いことは嫌いな上司は
とっくにイライラしてる
だから、発見したときはヤッターと思った
#2673minowajfl.jpg
なぜここに来たかというと
南千住砂場があるからである
これからそばを食べるというと
もう私のやり方に慣れたのだろう
特に驚くことも無く
「ぶらぶらしてるから行ってこい」
ありがてぇ…いや、ありがぁと

【南千住砂場】
#2680sunaba.jpg
大坂を起源とする
更科・藪とならぶ老舗のそば屋だ
ガラガラと戸を開けると
外観に負けず「渋い」店内には
#2674sunabanaka.jpg
おじいさんが一人、そろばんをはじいていた
このおじいさんが作るのかなと注文すると
意外に若いお兄さんが出てきて作り始めた
おじいさんはそろばんをはじき続ける
#2676soba.jpg
いつのまにかオバサンが登場
お兄さんは私のそばを作ったあと
店内で遅い昼食を取り始めた
#2677sobayu.jpg
一度食べただけではなんともいえないが
これは
できることならまた来てまた食べたいという
カフェバッハ的意味である

【オオムラパン】
このジョイフル三の輪という商店街は
とても私好みで一度で気に入ってしまった
砂場そばのそばに偶然あった
パン屋さんまで私好みである
#2683omrapan.jpg
柳津の名店と同じ名前のパン屋さん
商品の案内がすべて手書きなのがまた渋い
ハムカツが名物だそうだ
上司がさっそく購入する
まんざらでもなさそうだ
#2729minowapan.jpg
私が買ったのはトンカツパンとアンズパン
もうおなかいっぱいだよ~

コメント(0) 

御幸もなかなか恐ろしい [お出かけ]

【御幸とび太くん】
洋服の青山福山御幸店が角に立つ
国道486号線交差点「牛田橋(北)」の南西
シェルのガソリンスタンドの裏
光円寺の立つ
「下岩成」バス停付近の路地は
狭くて曲がりくねっていて
いわゆる「ザ神辺」な道なのだが
20160306miyuta62.jpg
なにか気づきませんか
20160306miyuta71.jpg
そう、先ごろここでも紹介した
滋賀県八日市市=現東近江市発祥の
地域未着型飛び出し坊や
「飛び出し飛び太くん」の
備後神辺版が出現したのである
20160306miyuta60.jpg
20160306miyutax69.jpg
20160306miyuta74.jpg

【井上文具店のさっちゃんやき】
その道を南にまっすぐ進み
エブリイの裏を過ぎると
右手に御幸郵便局があり
左手に井上文具店がある
これも先日ご紹介した
福の山百選の「食」リストのラスト
No.217で目にしてから
気になって仕方がなかった
そう、これが
「井上文具店のさっちゃんやき」だッ
20160306sachanyaki.jpg
20160306sachanup.jpg
生地の甘さと具の塩加減が
特に熱いうちは確かに美味しい
(真冬に外で焼き立てを食べたのもある)
近所の小学生御用達のお店らしく
見た目年齢が彼らに近い同僚に
わざわざ買いに行ってもらったのだが
卒業生が盛り上がっての
今回のリスト入りとなったようだ
文房具はもう置いておらず
食べ物専門化している模様である


コメント(0)