So-net無料ブログ作成

そば屋さん以外でそば:あそう(今津) [そば]

今津のまま亭が改装していたから
どうなったかと見に行ったら
「あそう」という喫茶店に変わっていた
まま亭との関係はないという

そんな私を惹きつけたのはやはり
「限定」の文字
火曜日と土曜日「だけ」
20食「限定」で手打そばが食べられるという
行ったその日は土曜日だった

そばセット 700円
20110129asosobast.jpg
手打そばだけなら500円なのだが
これも限定のセットを勧められた
ゆずの香りがする炊き込みご飯が当たり
ほくほくして旨い
一方そばはひんやり
20110129asosobaup.jpg
氷水で〆てコシを出しているそうだ
確かに粘り気のあるもっちりしたそばで
美味しいか?と聞かれたのだが
先日の信州そば以来
そばの味利きには自信がないので答えられず
でも蕎麦湯はハッキリ言える
20110129asosobayu.jpg
旨かったです
  
 
20110129aso.jpg
今津町120-1
水休 Pあり


手打そばは火・土曜20食限定
普段は喫茶店で
コーヒー紅茶が350円
トーストセットが500円など
ちなみに
ハイツ麻生との関係については訊き損ねた

コメント(0) 

信州ツアー2日目の夜:信州で信州そばを食べた話 [そば]

松本に向かうバス車中ずっと
携帯の小さい画面に向き合い
前もってネットで調べておいた
リストをもとに比較・再検討し
その晩の夕食会場を、宿に近い
信州そば屋さんに決めた
宿への到着時間が遅くなり
閉店時間が迫っていた
日が暮れて静まりかえった商店街に
足音を響かせながら
我々家族は急いだ

松本市内中央を流れる
風情ある女鳥羽(めとば)川のそばに
そのお店「女鳥羽そば」はあった
連絡を入れていた我々を待って下さっていた
名物は三段重ねのせいろそばである

三重(みかさね)そば 1365円
20110103soba.jpg

上段・海苔
20110103sobaup.jpg

中段・とろろ
20110103tororo.jpg

下段・抹茶
20110103aonoti.jpg

おつけもの
20110103metobatukemono.jpg

蕎麦湯
20110103metobasobayu.jpg
 
極めて清涼感のある細い麺に上品な蕎麦湯
文句なく旨い
旨いに違いないのだが理解できない
自信を持って美味しいと言えるのはおつけものだけだ
決して悪口で言っているのでは無い

見た目も食感も繊細で素晴らしいのに
「おそばを食べた感」はいまいち感じられないのだ
地元福岡や現在住の広島をはじめ、京都や東京などで
散々慣れ親しんでいるからこそ期待する
そば特有の香り、噛み応え、のど越しなど
そばの旧知の美味しさが希薄なのである
そしてこれは
福山の信州そば屋さんで感じていたことと同じだった

私はまだ
信州そばを理解できないのだ
舌がまだまだ子供なんだろう
俄然、信州そばに興味がわいた
この美味しさを、いつか分かるようになりたい
 
 
女鳥羽そば
20110103metobe.jpg
11:00-19:00ごろ 水・第3火休
長野県松本市中央3-4-8


お店のサイト
>http://metobasoba.com/

コメント(0) 

ディープ街で十割そばを:とわり(船町) [そば]

船町の裏筋といえば
ある意味ディープな酒場街なのだが
海厨や壺中の一つ南の裏筋に
竹内まりやがBGMに流れる
手打十割そば専門店がある

スナックそのままの店内
カウンターに座るなりおしぼりを出す女主人
世間話をしながらゆっくり注文を確定する
しかも品書きやメニューが見当たらない
そのゆたりした接客の様子が
あまりに雰囲気そのままなので笑ってしまった
聞けば御主人さんは、その手の経験はないのだそうだ

   雰囲気に影響されてるかも知れませんね

少しアルコールが入っているかのような
薄いベールを間に挟んだ感じで
やりとりするお蕎麦屋さんなんて
他にあるだろうか

田楽
20100706toearidengaku.jpg
おでんに田楽味噌をかけただけ
というが
今まで食べた中で
いちばん旨い田楽だった
こんにゃくが温かくて柔らかいのである
細かな粒の胡麻が効いている

おにぎり
20100706towarionigiri.jpg
これも細かい胡麻がいい
そばの実を入れて炊き込んだそうで
そのカリカリっとした食感が美味しい
風味もある

ざるそば
20100706towarizaru.jpg
蕎麦粉だけで作った手打ちの蕎麦
女性が打ったという
あるいは
場所の先入観かもしれないが
香り立ちとかキレとかのど越しとかの点で
素人にもわかるような特徴をあまり感じない
当たりの柔らかい、普通に美味しいおそばである
が、凡庸では無い
20100706towarisobaup.jpg

20100706towarisobau.jpg
蕎麦湯は「あまり出ない」のだそうだが
底に濃厚なエキスがありました

以上3品で計1100円だった
(昼は量的にお得なのだそうです)
メニューはほかに
かけそばと山かけそばがある
また夜も
季節料理の皿は出すものの
基本、おそばやさんとのこと
なお調理に時間がかかるので
そのおつもりで
  
 
手打ち十割そば とわり
20100706towari.jpg
12:00-14:00/*18:00-22:00**
*日祝は昼のみ営業
**おそば無くなり次第終了
不定休
船町5-8



コメント(4) 

ありえへんつゆ:くまのの里 鴨尾(熊野) [そば]

私にはそばの味が分からないし
特にこだわりもない
だから、ふつうの素人が
そばを食べに行った感想としていうのだが

これほど「旨い」と実感したそばは
大黒屋さんの「割子そば」以来である

特につゆ
コクがあるのにしょっぱくない
ストレートでもはなから普通に飲めるほど旨い
なのに薄くならない
いくら食べても薄くならないのだ
ありえへん
魔法のつゆである

ありえへんといえば
店の場所からそうである
手作りの案内看板を便りに行くしかない
一度行っただけでは覚えられない
要は、福山から沼隈に向かい
左手にバス停と看板が見えたら曲がる
案内看板に従って山道をつらつらと登っていく
yama.jpg
うっそうとした木々の間の
細い道の先の先にあるのだ
strada.jpg

そしてまた、ありえへんといえば
お店の外観は旧い民家なのだが
中に入ると意外なほど広く明るく
近代的で新しい
清潔感のある白木のテーブルは大きくてゆったり

メニュー
menutukidasi.jpg
キュウリは突き出しである
飲みに行ったわけではないのに
ありえへん

ざるそば定食 950円
zarusobat.jpg
やや短めのめん
白山系(飛騨など)のそばとのこと
sobaup.jpg
ほんのりとしたその味からその香り
そして食感から清涼感にあふれている

付け合わせの小鉢
nituke.jpg
この鶏の煮つけがまた美味
量もたっぷり

そして蕎麦湯(右はつゆ)
sobayu.jpg
蕎麦湯といえばアツアツで
これでもかというくらい大量に出す処が多いが
このお店はやや温く、量も控えめなので
夏場は特に助かる
もうちょっと欲しいかなという程度が
一番いいのである

食べた終えた直後から
また食べに来たいと思うような
別な日に別な料理を食べていても
ふと思い出してしまうような
そんなそばである

こういうお店があるということ
すでによくご存知で
通っているひとが多いということ
備後福山の食のレベルは相当高いと改めて思う
その自覚が無く、自信無さ気に見えるのは
カープにも通ずるお人よしな広島気質なのかもしれない

あるいは、お人よしは私の方で
知ってて言わないのは「人の悪さ」かも知れない(笑)
だから教えてくださった方に大いに感謝したいと思う
ありがとうございました
 
 
tree.jpg
くまのの里 鴨尾
11:00-14:00/16:00-20:00(18:00以降は要予約)
火、第3月休 Pあり
熊野町丙631

くまのの里鴨尾



※行き方
水呑大橋を渡ってすぐ
鞆には向かわず沼隈へと向かう(福山沼隈線)
しばらく走ると、フタバ自動車学校の入口を過ぎる
(JOMOのGSとバス停「志田原団地前」があるあたり)
しばらく真っ直ぐだった道が、やがて左にくいっと曲がる
するとそこに「木原」バス停があらわれる
バス停の角に、このお店の案内ポスターが貼ってある
(小さいので見逃さないように)
それを目印に、その角を左に曲がると
これまた小さな白い矢印案内が現れるから
見逃さないように、矢印に従って行けばOKです

コメント(2) 

そば処ぬまくまー(・(ェ)・)ノ イエイ [そば]

福山市街から水呑大橋を渡ってすぐ
鞆には向かわず沼隈方面に曲がる
みろくの里とか神勝寺温泉に向かう道だ
ひなびた山間を抜けていくと
やがて松永からの47号線と合体する
道の駅「アリストぬまくま」の前を過ぎれば
草深の賑やかな集落に入っていく
そのあたりに福山市役所沼隈支所の
立派な建物がある

その裏側
枝広邸という福山市の文化施設があるあたりは
山南川が流れ、姿のいい山もあって
なかなか風景の良い場所だ
枝広邸に向かうべく
沼隈支所の裏を川に沿って入っていくと
やっと見えてくるのが「そば処ぬまくま」である
strada.jpg
駐車場が広く、お客さんも多かったので
観光バスが立ち寄ったのかと思ったほど
そば道場も併設され、そば打ちもできるらしい

入口を入ると売店がある
大いに繁盛しているようで
名前を書いて、しばらく待った
相席ならということで通された店内は
窓が大きくとられて景色がいい
window.jpg
テーブルは9つあり、小上がりもある
いかにも沼隈なおばちゃんたちが
店中狭しと駆け回っていた

メニューはかけ・ざるともに600円からで
きつねや月見、山かけは800円、天ぷら900円など
田舎そば700円もあるが、数量限定で売り切れだった

天盛セット+ざるそば 計1250円
tensobaset.jpg
信州そばである(と思う)
噛んで味わうタイプではない
透明感と清涼感があり
清々しく軽量な印象
   ずばばばばっ
でなく
   するするっ
という感じで
そうめんに近いかなと思った
(言いすぎか)
つゆの甘さ辛さの按配が絶妙で切れもいい
そば湯もすっきりして飲みやすかった
   
知らないと寄れない場所にあり
お昼しかやっていないというのに
客足が絶えず、席が空くことが無い
みなさんよく御存知である

 
sobanuma.jpg
そば処ぬまくま
(福山市沼隈高齢者ふるさと産品開発センター)
11:00--14:30 火休
沼隈町草深1876-1



   ☆   ☆   ☆

売店には、あの幻の内海のちりめんをはじめ
現地の産品が格安で売られていた
特に気に入ったのがこれ(各350円)
omiyage.jpg
お酒のあてに最高でした
akadoup.jpg

コメント(4)