So-net無料ブログ作成

これでいいのだ東京立食いそば [そば]

宿のあるお茶の水に着いたのは夜10時前
チェックインする前に名代富士そばに立ち寄る
fujisoba20170503#2577.jpg
なんで富士そばかというと
テレビでマツコが
東京にしか無いと言っていたのを耳にして
はっと思ったからだ
確かに立ち喰いそばは東京にしか無い

券売機を吟味すると、どうやら
「そば」以外では「カツ丼」が主力のようだ
「カレーカツ丼」なんて魅力的じゃないか
しかし量が多すぎるし
せっかくだからそばも食いたい
なのでカレーセットにした
今は無き名代ラーメン亭バスチカ店のカレーは旨かった
富士そばはどうだろう
メニューには「かけ」「もり」とある
カレーだから、そばは「もり」にしよう
だが注文した中のおばちゃんに聞かれたのは
「熱いの」か「冷たいの」かだった

カレーセット
fujicuryst20170503#2573.jpg
カレーはねっとりタイプ
スパイスを効かした本格的なカレーでは無く
カレーライスのカレーであってそれが旨い
しっかり辛いが、唇がしびれる辛さでは無い
それも好ましい
ん十年ぶりに口にしたそばは
繊細さも香ばしさも清涼感にも欠け
最初のうちはプラスチックの容器に
学食臭ささえ感じるものの
学食のそばとは明らかに味が違うのが
さすがといえばさすが
街中で日常的に喰らうのならこれで十分
同じ「名代」ラーメン亭の博多ラーメンと同じである
nadai20170503#3028.jpg



コメント(0) 

食べ納め飲み納めから直帰省記2015 [そば]

このところわたくし的に
福山で一番遅い年末行事であり
帰省する日程をさえ左右するのが
大黒屋さんで年越そばを買う日である
そのまま飲むことも多いので
食べ納め飲み納めも大黒屋さんになる
昨年末もそうだった

ところが今後の雲行きが怪しくなった
というのも、お馴染みの年越しそば
20160101soba.jpg
が昨年末で終わりとなったのだ
作っていたのは、島根は安木の
「まつうら」という蕎麦屋さんで
あらためてググって今更知ったのだが
えらい評判のいい蕎麦屋さんらしい
理由は不明とおかあさん

というわけで昨年末の年越しそば販売日
今や昼過ぎで最終となる
博多行の500系「こだま」で帰省するため
真昼間から飲む気満々で大黒屋さんへ

まずはまぐろのやまかけと蕎麦湯わり
20160101daikokuyamakake.jpg

マストの山菜入り玉子焼き
20160101daikokutamago.jpg

きのこの天ぷらでお酒追加
20160101daikokutenpura.jpg

もちろん割子で〆
あまりの満足感(しやわせいっぱい)に
来年も年越しそばを続けてほしいと
まわらない呂律でおとうさんに訴えて
怪訝な顔をされながら退去

お昼過ぎの日差しを浴びつつ
真っ赤な顔をしてふらつく足取りで
開いてない「ダレンアーモンド」とか
20160101darren.jpg
「三吉南」のバス停では朽ちた自販機とか
20160101gacha2.jpg
私しか乗ってない「まわローズ」車内とか
20160101mawaroze.jpg
意味もなく撮りながら福山駅へ

そのまま「こだま」に乗り
20160127fukuyama500.jpg
20160101reserveseat.jpg
3時間後には博多駅着
「こだま」はそのまま「博多南」行普通電車となった
20160101forhakataminami.jpg
博多阪急改札口へ向かうエスカレータの人影は未だまばら
20160101escarhakata.jpg
改札を出てエレベータで地下送迎場へ降り
まだ酔っぱらったままの顔で家族に迎えられたのだった




コメント(0) 

思いつき家族旅行2:三井寺のそばのそば屋のそば [そば]

博物館からすぐの三井寺に歩いて向かう
正面右手から正面の仁王門にたどり着く途中に
別の門があって、そこに看板が出ていた
20150322kaiunsobaomote.jpg
三井寺正面の右手に円満院門跡(えんまんいんもんぜき)
という水子供養のお寺があって
その勅使門の門番小屋が蕎麦屋さんになっている
20150322kaiuntempo.jpg
小雨の中、これまで人影はまばらだったのに
店内は満席らしく、暖簾の前で
20150322kaiunnolen.jpg
メニューを見ながら順番を待つ
20150322kaiunmenu.jpg
ほどなく招き入れられた店内は
歴史を感じさせる
というか外見のままの古風なつくり
壁中に絵馬がかけてある
20150322kaiunint.jpg
正方形で広くなく、席も少ない
これでは待たされるわけだ
私たち家族は
2席しかない狭いこあがりの1つに通された
すぐそばに、風呂屋の番台のようなレジ

開運そばセット
20150322kaiunsobaset.jpg
「開運そば」は
早い話が野菜の天ぷらそばである
細くてやわらかいそばと
だしのきいた関西風つゆの
やさしい味覚の組み合わせ
20150322kaiunsobaup.jpg
博多うどん好きのわれわれ家族には
たまらないごちそうであった



コメント(0) 

年越しそばを予約しに [そば]

20131223daikokunuko.jpg
店の中には入らないのだが
入口が好きらしい

コメント(0) 

山里の贅沢 ざるそば定食の帝王 [そば]

【ポテサラ】
20130527potesala.jpg
私もポテサラは大好物なのだが
これは今まで食べた中でも
一番美味しいと断言できる
卵の使い方が絶妙な
何気に極上の
こんもりポテサラである

【福神漬】
20130526fukujinzuke.jpg
浅い味わいだが辛さがピリッと来る
独特な自家製福神漬
これだけを肴に余裕でお酒が飲めるが
クルマでしか来れないところなので
飲めないのである、残念!

【地鶏の炊き込みご飯】
20130526torimesi.jpg
ひとくちほおばっただけで
口の中に拡がる鶏肉の旨み
思わず「うまっ」と唸った
絶品ほこほこ炊き込みご飯

【ざるそば】
20130526soba.jpg
香りも舌触りものど越しも繊細である
繊細すぎてなんだかもどかしい
そのもどかしさ具合が
信州で信州そばを食べたときと同じだった
とお店の人に話したら
実は信州のそばなのだそうだ
私はそばの味はまったく分からないのだが
分からないから分かりたくて仕方がなくなるという
いわばJazzのようなそばである
つゆに浸けずに味わってみて
後追いでつゆをすするということを
自然にやってしまうそばである

そしてこれらはすべて
20130526zarusobat.jpg
ざるそば定食1000円のセットなのだ
しかもこれだけでは終わらない

蕎麦湯
20130526sobayu.jpg
暑い中熱い蕎麦湯を
汗をかきながらすすると
喉からおなかの底まで身体中に
そばの滋養が染み渡っていく気がする
これほどの贅沢があるだろうか

ちなみに
無農薬
自家栽培
天然水100%
だそうだ
お店は新しくトイレも綺麗である
 
 
手作りめん処 生房(きぼう)
20130526kibou2.jpg
20130526kibou.jpg
11:00-14:00(生地がなくなり次第終了)
月~木休 Pあり
広島県福山市加茂町粟根205-3



おまけ
天然クルマエビ 一尾300円
20130526kurumaebi.jpg
20130526ebiup.jpg


コメント(0) 

やさしい手打ちそば 華福(はなふく)@東中条 [そば]

おそば好きは納得しないと思う
納得しないとは思うけれども
その細くて平たくてやらかい麺は
なんというか、やみつきになればなるタイプだ

メニュー
20130421kahukumenu.jpg

山里の小さなおそば屋さんで
手づくりの手打ちそばを食べる
耳に聞こえてくる備後弁は
人あたりのきつい海沿いの備後弁とは違って
とてもやさしくて癒される
食べているこのおそばのように

まあ、きっつい言葉を使う人が
真の意味で優しかったりする
というのが備後の魅力でもあるのだが
…単に私がMなだけかもしれない

日替定食 850円
20130422hanahukuteisyoku.jpg
どの品もやさしくやわらかいのに
いきなり鼻の奥につーんと来る
おでんのカラシもまたいい
20130422hanahukuudonup.jpg
20120422hanahukusobayu.jpg
喉が鳴るようなそば湯ではないけれど
クリーミーでこれまたやさしい

結論としてはともかく
おそばからお店からお店の人から
お店の雰囲気からまわりの環境から
すべてをトータルで味わうべきお店だと思う
 
 
手打ちそば 華福
20130421hanahuku.jpg
11:00-14:00/18:00-21:00 火休 Pあり
広島県福山市神辺町東中条2172-2



サイト
http://www.kcv.ne.jp/~katsu-k/soba-hanafuku.html

コメント(0) 

大黒屋さんあれこれ [そば]

【年越そば】
この年末も、大黒屋さんに年越そばを注文
受け取りに行きがてら
ノンアルコールビールでつい飲み食い
帰省する際九州まで持って帰るので
生そばを注文できないのが残念だが
家族は「旨いそば」だと喜んでいる
20130101tosikosisoba.jpg
いつも父が作るのだが
なぜかえび天そばではなく
エビフライそばになってしまう

【蕎麦湯】
20121230daikokuwarigo.jpg
夏バテには高橋さんとこの豆乳だが
寒い冬には大黒屋さんとこの蕎麦湯である
お腹のそこまで染み渡るので
ついつい飲みすぎてしまうのだ

【ハマってます通信2012年12月号-大黒屋さんの天ぷら】
20121230daikokuyasiten.jpg
20121230daikoiwaf.jpg
やさい(上)といわし(下)
皮のサクサク感と身のふわふわ感に
そば系つゆと薬味がベストマッチ

【備後のおかあさん(とおとうさん)】
リアル和宏君ママであるところの
大黒屋さんのおかあさんを
「おかあさん」と自然に呼んでいたアナタ
アナタはもうすっかり福山人です


コメント(0) 

まわローズで大黒屋さんに飲みに行く2012 [そば]

【結論】
お蕎麦屋さんで飲むなどと
私には身に過ぎる、粋なことをさせてくれて
そのうえ気持ちよく酔うことができるのは
福山に大黒屋さんがあるおかげです
20120925daikokutakowasa.jpg

【お酒】
そのつもりは無かったのだが
この日呑んだお酒はいずれも東北支援であった
そしてどちらも夏季限定
1)ひと夏の恋(宮城)
    甘口の白ワインのよう
    呑みやすくすっと入る
2)国権(福島)
    舌触りがぬめっとしてやや艶っぽい
    こちらも喉にひっかからずすっと呑める
そしてその晩寝床でのた打ち回る
私は基本、飲めないのである

【きのこの天ぷら】
20120925daikokutenpra.jpg
皮がかりっ、中がふんわり
あつあつで超うまい
そばつゆがまた美味しいんだなぁ

【定食ありません】
不景気になって、競争が厳しくなったのもあり
客側がサービスを過剰に要求する傾向があるように思う
でもTPOみたいなのが、どのお店にもあるのではないだろうか
少なくとも大黒屋さんでランチメニューを
それも提案してみるのならともかく
当然のように望むとしたら、カッコワルイ気がする
お店にあわせるのも、大切なことだ

【かずひろくん】
息子さんの名前をど忘れしたので
教えてくださいといったら
ご主人さんがじきじきに書いてくれた
20120925daikokmemo.jpg
これはありがたいと、ご主人さんの名前も頂戴した
家宝にしたいと思う

【かずひろくんのお店】
20120925daikokukazu.jpg
正確な住所を聞いたわけではないが
ここで合ってるそうだ(コメントありがとうございます)
その晩、おかあさんの説明通りに尋ねてみた
開店は10月10日
20121007kazuhiridaikokuya.jpg
一ヶ月くらいは様子を見て欲しいとのこと
繊維ビル時代の市役所の常連が
詰めかけるかも…だそうです



コメント(4) 

大黒屋さんで年越しそばを買う…だけじゃ収まらなかった話 [そば]

例年クリスマス位になると突然
   あっ、予約!
と思い出す
まあ、私の場合、帰省する関係で
手打ちではなく生そばになるので
今年も何とか間に合った
20111230tosikosisoba.jpg
ついでに飲んじゃいました
ノンアルコールですけど
20111130daikokuyasasimi.jpg
やっぱ日本酒飲みてぇ~っ


コメント(0) 

レトロなメトロで肉天そば@新宿西口 [そば]

今月はじめ、東京から帰るバスの出る
新宿西口地下の中2階の
(地下にある中2階というのが面白い)
こじんまりした食堂街で蕎麦屋を見つけた
しかも立ち食いにしては値段が高い

いや、前から存在は知っていたが
ひさしぶりに見つけて思い出したのだった
そのときは時間がなかったので
次回には食べようと思った
その機会は意外に早く来た

長い時間券売機をにらんで
何にしようか考えた挙句「肉天」にした
あまり聞いたことがない名前だから

肉天そば 680円
20111119nikuten.jpg
肉天は、サイコロ大の豚のバラ肉が入った
サクサクのかき揚げを乗っけたそばで
そのかき揚げが相当分厚く2cm位はある
また、下のそばが見えないくらい大きい

麺は細く、するっとして癖がない
つゆは見た目が真っ黒だが、さほど辛くない
味は薄くない
濃くはないが薄くない
そこにかき揚げの油と、中の豚バラの脂が混じって
つゆの表面が和風ラーメンのような状態になり
洋風薄味スープのような
まったりとした独特な味となる
美味しいかといわれれば
正直即答しにくいのだが
なんか「気になる」味ではある
そのつゆに、サクサクだったかき揚げが
浸って染みて「もこっ」となる
そばと一緒にすすれば、それは文句なく旨い
癖になりそうだが、私が食べるのは
深夜バスの発車前時刻になるので
つまり、寝る前にラーメン食べる並みの
覚悟が必要になるのだ
 
 
永坂更科 布屋太兵衛 新宿メトロ食堂街店
20111119sarasina.jpg
10:00-22:00
新宿メトロ食堂街
新宿区西新宿1-1-2 新宿地下鉄ビルデイングB1F



コメント(0)