So-net無料ブログ作成
検索選択

下灘駅(JR四国予讃線) [お出かけ]

福山から日帰り出来る有名ロケ地といえば
昔は尾道、今はココ
#3138eki20170520.jpg
松山のちょい先で
夕やけこやけライン(国道378号)沿いにある
改札を抜けると
#3141kaisatu20170520.jpg
半島式のホームに屋根のあるベンチ
#3167ekihidari20170520.jpg
その向こうには海(伊予灘)
#3162simonadanaka20170520.jpg
それだけ
#3160simonadamigi20170520.jpg

駅員もいない、券売機も無い
ただのローカル駅である
なのに観光客がチラホラ
平日お昼前にもかかわらず、である
列車が来るまで時間があるのに、である
駅のホームから海が
これほどまで目前に広がって見える光景は
確かに他には無いものだ

そこに哀愁たっぷりの音楽を鳴らしながら
まるで海の上を走ってきたかのように到着したのは
「伊予灘ものがたり」という観光列車
#3155tokubetu20170520.jpg
ぞろぞろ乗客が降りてきて
(そのほとんどがジジババ)
ホームで記念撮影を始めた
その間10分ほど列車は停車
そうこの駅は
すでに観光列車が停車する観光地なのだ
ホームには記念撮影用のベンチもあるし
#3150lovebenchi20170520.jpg
注意書きもある
#3151coution20170520.jpg
駅前には移動式珈琲店も
#3137siminadacoffee20170520.jpg

時間が来ると、哀愁音楽を合図に
観光列車は再び海の上を走り出した
#3156tokubetu20170520.jpg
乗客たちはホームの観光客に手を振っている
舞浜か

今度は普通列車がやってきた
#3168kiha20170520.jpg
数人の通常乗降客のほか
今までこの駅にたむろしていた観光客のうち
列車組が乗り込む
と同時に、新たな観光客が下車する
彼らは帰りの列車が来るまで
この駅にたむろするのだ
こうやって一日中
観光客が入れ替わり立ち替わり
するのだろう

なお場所柄この駅も夕焼けが絶景らしいが
地元の人によると
絵になるような夕日は年に数日しかないそうだ

#3170bench20170520.jpg
(ホームのベンチが木製なのが素晴らしい)

コメント(0) 

尾道駅舎Ⅱ世 [風景]

今月16日で役目を終えた
2代目尾道駅舎は
改築を重ねたとはいえ
見た目はごくフツーの駅舎だった
#3065onomichist20170520.jpg
一番特徴的な赤く大きな屋根は
正面からはほとんど見えない
#3107onomichist20170520.jpg
わずかに正面左側の2階に
木造建築らしい部分が見えるくらい
#3059onomichist20170520.jpg
とても100年以上立っているとは思えない
ただし正面からはである

備後に暮らせば
尾道の住人で無くても
折に触れてこの駅を利用する
#3085onomichist20170520.jpg

家路につく
その日尾道であった出来事を胸に
改札を抜ける
#3075onomichikaisatu.jpg
(向かいの2番線の標示がこっちを向いている)

2番線に通じる地下道へ
#3100onomichist20170520.jpg
この天井の低い地下道も何気に
100年近い歴史があるそうだ
#3096onomichist20170520.jpg
2番線に上れば
尾道駅のプラットホームが長く
しかもレールとともに途中で曲がり
傾いているのを見通すことができ
赤い屋根の駅舎の全貌が望める
#3083onomichist20170520.jpg
そのたびに汽車旅時代の風情を
知らず感じて来た

#3119onomichist20170520.jpg
再開発された駅前で埋没している駅舎は実は
再開発された駅前で唯一風情を感じさせる建物だった
これからは
駅舎が新築される尾道に
豪華列車で小金持ちがどれほどやって来ようが
「本物の風情番長は鞆」の時代になるだろう

#3076onomichist20170520.jpg
(「1」もこっちを向いている!)

コメント(0) 

イースターパレード2017 [舞浜系]

今回家族が申し込んだ業者ツアーの特典だった
パレード鑑賞席は
ルートの側で屋根もあるが椅子席が無く
エリアの前の方が座り込み(地蔵)
途中から立ち見と分かれていた
「立ち見」の最前列だったので
スマホでも結構な写真が撮れた
#2622egghunt20170505.jpg
#2655rabitts200170505.jpg
#2710donald20170505.jpg
#2742usatamachasers20170505.jpg

後で気づいたのだが
パレードと同じコスチュームの人形が
ワールドバザールのショップに飾られている
#2753mado20170505.jpg
#2638mickey20170505.jpg
#2648mickey20170505.jpg
#2755mado20170505.jpg
#2668minie20170505.jpg
#2671minie20170505.jpg

夕食はクリパレ
時間いっぱい利用できるのが嬉しい
#2752cripale20170505.jpg

Eパレも観たかったが
強風の影響必至なので潔く諦める
#2757entrance20170505.jpg

コメント(0) 

ある日の舞浜 [舞浜系]

新木場から京葉線で舞浜へ
舞浜からリゾラ(ディズニーリゾートライン)の最寄り駅
リゾートゲートウェイ・ステーションまで歩き
ウェルカムセンターで宿に荷物を送ってもらい
2日分の入場券を買って
恒例コンコースの飾り付け前を歩いて
gtwst20170504#2599.jpg
ホームに上がりリゾラに乗って
ディズニーランドステーションへ移動
lndstwdw20170504#2600.jpg
家族の待つランドに
entrance20170504#2603.jpg
入る
wbser20170504#2607.jpg
GW直前の閑散期で悪天候の平日
パレードがキャンセルになるほど風が強かったが
中学生の修学旅行がやや目立つくらいの人出であり
家族と合流し北斎で昼食後は
アトラクションや買い物、
エッグハントを楽しみつつ
超快適にランドをゆっくり満喫した

期間限定のポップコーンBBQ味
bbqppc20170504#2608.jpg

小休止に立ち寄ったセンターストリート・コーヒーハウス
ucc20170504#2611.jpg

昨年末のクリスマスには2台に長蛇の列だった
ハニーポップコーンのワゴンは1台で並び時間ほぼ0
後ろに誰も並んでいない状態だった
honypcn20170504#2612.jpg

ランド内に数カ所しか無い希少な飲料自販機
#2614jihanki20170505.jpg
@ファンタジーランド


コメント(0) 

GW帰省報告2017 [お出かけ]

私のような底辺労働者にとって
今年のGWは実質5月3日から始まった
5月3日は、私の帰省先である福岡では
どんたくが始まる、まさにその日であり
その道中にあたる広島でも
フラワーフェスティバルが始まる日であり
しかもカープのデーゲームもあるということで
その日の福山駅はえらい混雑であった

混雑は福岡に着いても続く
いや旅行客の多いこと特に外国人の多いこと
西鉄バスの中では外国語だらけ
母の墓参りに出かけた翌日の能古渡船場も
もの凄い人出で断念せざるを得ず
今津の海岸に会場変更とになった
mthrsea20170504#3031.jpg
昼食は今津海岸近くのローズマリー
人気スポット糸島に良くある
こじゃれ系レストランである
rosemarie20170504#3038.jpg
これもよくある糸島野菜をふんだんにつかったサラダ
sld20170504#3032.jpg
店名物のローストビーフ丼は
細かく切りすぎて、ビーフ感に乏しいのが惜しい
rstbefdon20170504#3035.jpg
質的にも味的にも、特に量的にサッパリしていて
いかにも福岡の鎌倉と呼ばれる糸島らしい
女性向きの内容だった

そして糸島と言えば福岡でも特に
コーヒー店が集中している地域でもある
なので毎年出かけるたびに
カフェに立ち寄らなければ
気が済まなくなってしまった
今回は前原にあるKafuwa coffee
もちろんネット馬鹿でその場で検索したのである
kafuwa20170504#3041.jpg
オサレ系かなと想像していたが
若いお父さんが一人で切り盛りしている
真面目タイプのお店で好感が持てた
ランチもやっていて値段が相当安い

この日のケーキセットはポケットという
福岡市西区にある自宅店舗のケーキ屋さんの
チョコシフォンケーキ
アイスコーヒーと一緒に注文したら
これがバカウマで大当たり
cakeset20170504#3039.jpg
帰りがけ珈琲豆を注文すると
その場で高速焙煎してくれた
baisenki20170504#3040.jpg

糸島はやはり侮れない

コメント(0) 

メロンパンはしっとりの方が旨い:川上ベーカリー(高須) [パン屋さん]

高須のハローズの前に
パン屋さんを発見した
ゆういちのパン屋のすぐ手前である
kawakami20170503#3017.jpg
棚にパンは並んでるようだが
灯りが全然付いてない
閉まってるかもと思って中を覗いたら
ドアがスッと開いた
工場になっているらしい奥の方から
おじさんが出てきた

パンはどれも素朴で値段が安い
柳津の大村さんタイプで
見るからに私好みである
特に目に付いたのがメロンパン
melon20170503#3018.jpg
クッキー生地サクサクタイプで無い
こういうしっとり系の方がきっと美味しい
私の直感は間違っていなかった
まあ単に好みの問題だが

インドカレーパンとポテトサラダパン
pannaka20170503#3024.jpg
同じく気になったこの2品
派手さは無いが
特に具がどちらも相当旨い
味付けが本格的というより
クリームパンのような
ほんのりとした甘みのあるパンに合う具として
ちゃんとしっかり作ってる感じがする
オサレ総菜系パンも良いが
こういう素朴で真面目なパンこそ
学校給食にふさわしいなあと思うのである


コメント(0) 

新木場駅前いろいろ [お出かけ]

お茶の水から舞浜といえば
中央線→京葉線で直ぐなのだが
たまには別ルートで行きたいわ
久しぶりに神保町も歩きたいわで
寄り道してたら
有楽町線の新木場で降りることになった

新木場駅と言えば
りんかい線から京葉線への乗り換えで
我々舞浜系お上りさんにはお馴染みなのだが
実情は改札から改札へ移動するだけである
今回駅前のセブンでお金を下ろした際
目についた光景をご紹介する

駅のエスカレーター
kibaesca20170504#2597.jpg
階段との境目に木材が使われているのは珍しい

駅前の木遣りモニュメント
mnmt20170504#2593.jpg
新木場は木場に代わる現役の貯木場なのだが
懐かしの風景化している気さえする
ところで駅の高架を見ると
最も高い4階部分に京葉線
2階部分に有楽町線とりんかい線が通っていることが分かる
なお改札のあるコンコースは3階である

駅前の公衆電話ボックス
telstd20170504#2596.jpg
電話ボックス自体が…(以下略)

駅前交番のミニパト
sinkibaminipato20170504#2595.jpg
これは単に
駅前交番のミニパトがなぜか好きだという
私の趣味の話である
お粗末



コメント(0) 

私の定宿 [お出かけ]

hilltop20170503#2578.jpg
kyodai20170503#2579.jpg
といっても、泊まるのは
数年に1度である
泊まれば必ず
おそらく日本一安全なバー
ノンノンに行き
nonnon220170503#2587.jpg
飲めない酒を飲む
この日はモスコミュール
moscowmule20170503#2584.jpg
口あたりが良く飲みやすいが
ウオッカを使っていて
意外にアルコール度数が高い
いわゆるレディキラーだそうだ
実に勉強になる
自分にしか実践する機会が無いのが残念だ

そして泊まった翌朝は
地下のラヴィで朝食を取る
lavie20170503#2588.jpg
lavieomu20170503#2590.jpg

長居をするといろいろ良くないので
朝食後ほどなくチェックアウト
ホテル前の坂が吉郎(キチロウ)坂という名であることを
今回初めて知った
yosirozaka20170503#2591.jpg


コメント(0) 

これでいいのだ東京立食いそば [そば]

宿のあるお茶の水に着いたのは夜10時前
チェックインする前に名代富士そばに立ち寄る
fujisoba20170503#2577.jpg
なんで富士そばかというと
テレビでマツコが
東京にしか無いと言っていたのを耳にして
はっと思ったからだ
確かに立ち喰いそばは東京にしか無い

券売機を吟味すると、どうやら
「そば」以外では「カツ丼」が主力のようだ
「カレーカツ丼」なんて魅力的じゃないか
しかし量が多すぎるし
せっかくだからそばも食いたい
なのでカレーセットにした
今は無き名代ラーメン亭バスチカ店のカレーは旨かった
富士そばはどうだろう
メニューには「かけ」「もり」とある
カレーだから、そばは「もり」にしよう
だが注文した中のおばちゃんに聞かれたのは
「熱いの」か「冷たいの」かだった

カレーセット
fujicuryst20170503#2573.jpg
カレーはねっとりタイプ
スパイスを効かした本格的なカレーでは無く
カレーライスのカレーであってそれが旨い
しっかり辛いが、唇がしびれる辛さでは無い
それも好ましい
ん十年ぶりに口にしたそばは
繊細さも香ばしさも清涼感にも欠け
最初のうちはプラスチックの容器に
学食臭ささえ感じるものの
学食のそばとは明らかに味が違うのが
さすがといえばさすが
街中で日常的に喰らうのならこれで十分
同じ「名代」ラーメン亭の博多ラーメンと同じである
nadai20170503#3028.jpg



コメント(0)