So-net無料ブログ作成

美女と野獣(1991) [映画]

今までお前はいったい
何しに舞浜に行ってきたのだと
大変恥ずかしい限りだが
今更ながらの初見である
(当然ながら実写版も未見である)
何度かレンタル屋で借りてみたものの
その全てが途中で止まっていまい
結局アマゾンでポチったが
ボーナストラックが
最新25周年の内容だったので
却って良かったかなと思っている

【言うことなし】
良く出来たディズニー映画が全てそうであるように
冒頭からいきなり舞浜に心を持って行かれてしまった
素晴らしい映像と音楽が生むワクワク感が堪らない
物語自体はまさにTale as old as timeなのだが
そこにこそディズニーが
特に乙女の心をわしづかみにする
揺るがない世界観があり
それこそがうにばーざるとの違いである

【字幕と吹替】
私のような吹き替え派にとって
比較的旧い作品だからこその
レジェンド声優の演技が嬉しい
この作品で言えば筆頭は熊倉一雄だろう
(天国と地獄や幕末太陽傳にも出てる)
しかし、肝心の日本語訳にやや難点があるのと
オリジナルキャストの実力が凄く
どの作品にもいえることだが
正確でより深い作品理解のためにも
慣れればオリジナル音声の方が良いだろう

【山ちゃんとメンケンちゃん】
好むと好まざるとに関わらず
この両名で今の舞浜は出来てるようなものである
特に後者の、数々の名作のうちでも
一つの作品を通じてのベストな仕事は
おそらくこの作品だろうと確信する
彼の音楽があってこそ
これほどの傑作が出来たのだ

数々の名作の例


【あの曲が無い!予告編】


3DCGアニメに慣れた今の目から見ても
いや、だからこそ
培われてきた技術のもつ底力に圧倒される
感涙必至、文句なしの大傑作である
舞浜に行くならマストだ(お前が言うか!)

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。