So-net無料ブログ作成
検索選択

広島に行く2017初夏5:八昌五日市店 [お好み焼]

【楽々園から】
宮島口駅から乗った路面電車を楽々園駅で降りる
この駅からすぐということだが
お店との間にJR山陽本線が走っていて
遠回りを余儀なくさせられる
なるべく近道をと、スマホ片手に狭い路地をグルグル
#3382roji20170708.jpg
目指すお店の駐車場を発見
#3383parking20170708.jpg
だが結局、大きい道沿いにお店はあり
遠回りした方が早かった

【八昌五日市店】
#3384hassyo20170708.jpg
薬研堀八昌のご主人が開いたということだが
私が行った平日にお店を切り盛りしていたのは
若いおにいちゃんである
このおにいちゃんの目前に席を指定され
座ると同時に大きなお冷やのジョッキがどんと置かれた

【八昌五日市店のトイレ】
お好み焼き屋さんでは待つのが当たり前なので
トイレを所望したが、これが当たり
広くて清潔、しかもシャワートイレである
スタッフが若い男だらけなのに意外だが
気分はいい

【おにいちゃん】
店長かどうかは知らないが
鉄板のトップを張っていることは確かだ
その所作をずっと見ていたが
リーダーとはどうあるべきかが
だんだん分かってくるような気がした
口数こそ少ないものの
大声で怒ったり笑ったりせず
朗らかに言葉を短く交わすだけ
誰よりも商品の仕上げに集中し
誰よりも客に気を配り
誰よりも声をかけ
誰よりも店内店外に注意を怠らず
誰よりも先に動く
見てないようでしっかり
見るべきことをちゃんと見てる

この人が作るお好みは間違い無いと
客のこちらも確信出来るし期待も高まる

【そば肉玉】
#3386hassyo20170708.jpg
おにいちゃんが焼き上げたお好みは
そばが一本一本カリカリで皮も薄く
工芸品のように繊細である
なのに内側には旨味を含んだ柔らかさがあって
その上力強さも感じる
おやつでは無く食事になる力強さというか
最初はソースをかけず端っこから食べていた私は
気がつくと最後までほとんどソースをかけなかった
途中かけてみて、確かにオタフクの果実っぽい辛さが
美味しさを増したように感じたが
それはソースの旨さであって
このお好みはお好み自体が、舌触りも食感も含めて
もともと美味しいのだ
期待にきっちり期待以上で応えた
このおにいちゃんの仕事ぶりを
今は職場で思い出している私である

【夏こそお好み焼き】
暑い日で十分汗をかいていた
水分が必要である
長時間熱い鉄板の前で
お好み焼きができあがる様子を見ていた
そして出来上がった熱々のお好みを
へらで口に運び
あちあちと言いながら夢中で食べ
そのたび大きなジョッキのちめたいお冷やを
ゴクゴクと飲む
汗をカキカキ、アチアチ、ゴクゴク
そしてプハー
この繰り返しが夏の醍醐味である
暑い夏こそ、お好み焼きが美味しい季節だ


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。