So-net無料ブログ作成

一日中寝っころがって借りた映画を観たおしてみた2 [映画]

麦秋(1951)
20151221bakusyu.jpg
笠智衆の髪が黒くてフサフサぢゃないか!
その笠智衆が、白髪のおじいさんを
「お父さん」と呼んでるじゃないか!
その笠智衆の妹が原節子だったり
戦死した弟の嫁の母親が杉村春子だったり
二人とも「東京物語」では
笠智衆の娘だったぢゃないか!

平凡だが幸せな家族が
子供の結婚を機に崩壊目前
幸福の選択なのは確かなのに
選択結果のあまりの意外さに
皆の表情が沈んでいく
「秋刀魚の味」でも感じたが
この種の無常観を漂わすのが
小津流なのかなと感じた

誰もが死ぬときは一人ぼっちだから
無常がつきまとうことに違いは無いが
遺伝子を子孫に残すという義務を放棄した
(つもりはないが事実上そうなってしまっている)私は
唯一の家族をことさら意識する面はある
(母親の死がきっかけなのは確かだ)
もしかすると
小津監督自身がそうだったのかもしれない
(何の根拠もないので悪しからず)

そして私が結婚できないのは
やっぱりロマンチストだからなんだろうなぁ


Jimi: All Is by My Side(2013)
20151221jimi.jpg
ジミ・ヘンドリックス
史上最高のロックギタリストである
ギター小僧でなかった私でも知ってるし
年を取るほど曲も好きになってきている
だが夭折した彼の実像はほとんど知らなかった
だからこの映画を観てみた

伝記映画でオールドラマである
だから演奏も含めすべてがイミテーションだ
なのにそれでもジミヘンだけカッコいい
60年代の話で、それらしい場面が作られているのだが
彼だけが今観てもカッコいいのである
ギタープレイや楽曲だけじゃない
恰好、仕草、話し方、雰囲気、考え方
それらすべて、今から見てぜんぜんカッコいいのだ
いや、今観るからこそカッコいいのかもしれない
ジミヘンはいかに図抜けた存在だったかが
この映画を通じても伝わってくる
彼こそがホンモノ、彼こそがレジェンドと呼ぶにふさわしい

ついでだが
この映画でキース・リチャーズの恋人役だった
イモージェン・プーツという女優さんはキレイである


本日休診(1952)
20151221kyusin.jpg
時代を超えたカッコ良さといえば
この映画での三國連太郎も同じである
特殊な役柄だが今観ても抜きん出てカッコいい
白黒のフィルムに固定された人々の中で
彼の姿だけ4Kテレビで観てるようだ

金持ち夫人と鶴田浩二のくだりは
おなかを抱えて笑ったし
佐田啓二のあまりにも軽薄な存在感は
まるでデビューの頃の中井貴一だし
「麦秋」とは全く異なる役柄で
淡島千景の女優魂を垣間見たし
岸恵子の顔がぱんぱんで
まるでアンパンマンみたいに可愛らしかったが

終戦直後の
街も人の心も荒み放題な加減に圧倒されてしまう
戦争は何もかも無茶苦茶にしてしまったのだ
無茶苦茶にされてもなお人は
日本人は、我々の先輩は立ち上がり今に至っている
この映画を観て
その源流を目の当たりにする思いがした

原作は井伏鱒二
私は傑作映画だと思いますが
おススメする勇気はありません


Pride(2014)
20151221parade.jpg
レズやゲイの人を「LGBT」と呼ぶことを
炭鉱の労働運動をゲイが支援したという実話に基づく
この映画で知った
過剰な場面はまるでなく
ユーモアを忘れず真面目に前向きに
厳しい現実に立ち向かっていく人々を描くところは
「フル・モンティ」「リトル・ダンサー」など
炭鉱街を舞台にしたイギリス名画の伝統を
しっかり受け継いでいると思う

この映画のキーワードは
「プライド」である

プライドを持たない人間を
誰も尊敬しないし
プライドを持つ人間は
他人に敬意を払うだろう
「正義」や「平等」という用語を
大げさに振りかざすのではなく
自分が自分であることに誇りを持つこと
それを自他ともに認め大事にすることが
もっと大切なのではないかなと思った

相変わらず、根本的な解決にはならないけれど
良い映画が多いですイギリスは

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。