So-net無料ブログ作成

京都近江日帰り墓参り 3 たら福京都 [ランチ]

京都に戻り、ロッカーはそのままで
京都駅前を水族館(西)に向かって歩く
途中でレンタサイクルを借りようと思ったのだ
その日の夕方6時ごろには
新大阪から500系こだまで帰る予定なので
徒歩で移動する時間的余裕がなかったからである
結局目当てにしていたお店とは別の店で
たまたまアシストチャリを借りることになったのが
これが大正解だった

【京都でとんかつを】
なぜ水族館方面に向かっていったかというと
途中でレンタサイクル屋さんと
その先に、このお店があったからである

とんかつ一番
20160207tonkatu1ban.jpg

ランチ時間終了間際に伺ったのだが
嫌な顔一つせず、チャリの留め場所を教えてくれた
店内にはおばあちゃんがいて注文を聞いてくれる
カウンターの向こうにはコックコートのおばちゃん
この人が作るのか

ヒレ肉のトンカツ
20160207tonkatutesyoku.jpg
20160207tonkatuup.jpg
ヒレなのにすごく柔らかい
ヒレなのに肉の旨味があり
(臭みはもちろん微塵もない)
この旨味を、とがった辛さや香りの無い
やさしくかつクリーミーなソースが引き立てる
一方豚汁は独特の味付け
味噌よりも出汁を効かせた感じの
ややしょっぱい赤だしだが
この辛さで全体の味のバランスが取れている
底に沈んでいる肉や野菜の破片の旨味がまた凄くて
感動にターボがかかる

わざわざ言葉にする必要もなく「渋い」お店の雰囲気
そして何より、おばあちゃんをはじめとするお店の人の佇まい
立ってるだけで、居るだけで、在るだけで絵になるよう
お腹も心もたらふく喰って1200円

京都ということで
下手な期待をしないようにしているけれど
もしかするとこれが
いつか出会いたかった京都かも知れない

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。