So-net無料ブログ作成

東京物語(1953) [映画]

20151029tokiostry.jpg

自分の中で、オトナになったら実現したかったこと

  
  ・お蕎麦屋さんでお酒を飲みたい
  ・ウヰスキーの味がわかるようになりたい
  ・エトワールセト(夜行高速バス)往復じゃなくヒコーキ往復で東京行きたい

に並んで

  「東京物語」を観たい

があった
備後で暮らし始めた以上、マストな気がしていたのである
だが、実現には大きな壁があった
先に「明日は来らず」を観なければならない
それがつい先日実現したので
ようやっと、「東京物語」を観ることが出来た
社会人になって以来、ん十年越しのことだ
あっという間ではあったけれど

【ありがぁと】
思ったよりビンゴビンゴしていた映画だった
備後弁オンパレードだったからである
特に「ありがぁと」のイントネーションは
村上シスターズそのまんまである
また、やたら「そんなことはない」というのも
備後流なのかなと気づいた

【スカイツリー線】
私にとってスカイツリーはバカヤロー的な存在なのだが
なにかと縁があるのである
この映画の東京は
スカイツリー線(東武伊勢崎線)沿線(という設定)らしい
実はつい先日も乗って来たばかりなのだが
詳しくは後日

【え?山村聰!】
そのスカイツリー線の「堀切」駅近辺に住んでいるという
長男を演じたのが山村聰なのだが
私が知っているのは、恰幅の良い姿なので
全然気づかなかった
この映画での煮え切らない態度は
「明日は来らず」の長男と同じである

【ヨダレでる杉村春子】
広大附属福山高出身の杉村春子
その外連(ケレン)味のなさ加減が
まるで鬼のように、いやぁ凄い凄い
凄すぎて「いやんなっちゃうなぁ」である
「旨いなぁ」とヨダレを垂らしながら見とれてしまう

【原節子で泣かされるとはおもわんかった】
それに引き替えヒロインの原節子は
なんだかふわっとした芝居が続き
その意義に釈然としなかったのだが
大きな画面(スクリーン)で見直したときの
クライマックス「あたしズルいんです」での
目に溜まった涙を観て、全てが腑に落ちた
「明日は来らず」にない役を登場させた意味
そして、この映画が名作とされる理由が

【日本的とは何か】
「明日は来らず」が提起したテーマが
人生に限りがある限り、時代を超え国を超え
親と子の間にも存在する無常観―だとすれば
「ユーモア」や「希望」ではなく「諦観」
(あるいは「悟り」か)をもって答えた「東京物語」は
20年越しの、小津監督なりの
邦画としての立派な「回答」なのだと思う
そう考えると、「深いなぁ」「素晴らしいなぁ」と
しみじみせざるを得ないぢゃないですか
「東京物語」という映画も、もちろん尾道も

もちろん、「悟り」には程遠い私の好みは
「明日は来らず」なのだけれど

おまけ

【尾道の坂】
20151029onomitisaka.jpg
駅から遠く離れた場所でも、尾道らしい坂がここかしこに転がっている
振り返れば尾道W大橋
20151029ohasi2.jpg

【尾道の井戸】
20151029onoido.jpg
偶然発見したひとんちの井戸

【尾道のぬこ】
20151029ononuko.jpg
尾道歴ン十年の私に言わせれば
撮れそうで撮れないショット




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。