So-net無料ブログ作成

福山ぶらぶら2015秋04:清く正しい備後の土曜日ランチ [やきそば]

駅の用事を済ませ
次の目的地ポートプラザに歩いて向かう

船町アーケード「Joyふなまち」がアーケードじゃなくなっている問題
20151012funamachiarchede.jpg

きたはま通り「笠岡町」角の魚屋さん
20151012sakanaya.jpg
魚屋のおっさんの大きい売り声に
備後ば…お嬢様方が群がっている

レトロな感じのリフォーム屋さんの飼いぬこ
20151012nuko.jpg

ポートプラザで用事を済ますと昼過ぎ
中で昼食をとろうとはなぜか思いつかなかった
じゃあどこで、という時点であそこと決めているのだが
その前に立ち寄ってみるところがある

近代的な建物自体も「すこやかセンター」という名称も
訳が分からないほど変わってしまっているのだが
早い話が福山市保健所の1階にあるというキュイキュイ
20151012cuicuiiryocent.jpg
その日は営業していなかったが
やはり、私の知ってるキュイキュイではなさそうだ
覚悟していたので、さっさと先へ進む

soq51012murakamisd.jpg
村上食堂は普通に営業していた
焼きそばを注文したが
鉄板の上にはキャベツがてんこもりで
まるでお好み焼きを焼いているようだ
客は私一人だから、電話注文かな

調理中のご主人とおかみさんは
大リーグのプレーオフ中継を見ながら
言葉をかわしている
「黒田から教えをこうたんやろうか」
「ジョンソン来年もいてくれるかなあ」
何でもカープに絡めるのは広島県人の悪い癖だ
画面ではメッツ先発のデグロム投手が
帽子の両脇から出したふさふさの髪を
振り乱しながら熱投している
まるでトイプードルみたいな髪型だなと思っていたら
おかみさんが唐突に「チワワ」みたいだと言ったので
吹き出してしまった
20151012murakamiyakisoba.jpg
キャベツてんこ盛りだったのは私の焼きそばだった
全然油っぽくなくさらっとしてるのに
ぷりぷりでもありもちもちでもある微妙な麺
ソースの濃さと焼け具合と天かすの脂とごまの風味が
実にいい按配である
自分で作ろうと思っても作れない
わざわざ食べに行く焼きそばがあるとすれば
このお店くらいだろう

夢中で食べていると男性客ひとり入店
持ち帰りで焼きそばを注文し
おでんをみつくろうと
手酌で瓶ビールを飲みだした
さすが備後の土曜の昼下がりである


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。