So-net無料ブログ作成
検索選択

我が道を往く(1944) [映画]

題名からは予想もつかない
地味な内容である
劇的な展開はほとんどない
人の世の、人生の悲哀を
軽快なユーモアで楽しませながら
前向きに受け入れていく
実に「じわっと来る」のである
この監督の真骨頂だ
特に「間」
クセになりつい何度も観てしまう
20150922goinmyway.jpg
ビング・クロスビーの低く深い歌声が
心にやさしく染み渡る
「きよしこの夜」など
初見の父がいきなり一緒に口ずさんだほどだ
フィッツギボン神父を筆頭に
登場人物も魅力にあふれている
同じ題名の挿入歌が劇中で披露されるものの
正直出来がイマイチなのであるが
それを「落ち」で使ってしまうところに
この映画の質の高さを感じる
こんな名作を大戦中に作ってしまう
つくづくそんな国を相手に
戦争なんかするものではない


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。