So-net無料ブログ作成

福山である理由 「天を裂く:水野勝成放浪記」 [読書]

備後・福山に縁もゆかりも無い私が
なぜ流れ着き、しれっと暮らしているのか
その理由が、なんとなくわかった気がした

水野勝成である

いわずと知れた
福山城初代藩主だが
いやまさか、これほどの人物だったとは
戦国時代の豪傑は数多いが
破天荒はこの人が一番じゃなかろうか
ほとんど知られて無いのが
不思議で仕方が無い
なぜ大河ドラマにしないのだろう

大塚卓嗣「天を裂く:水野勝成放浪記」(学研)
20140602tenwosaku.jpg
信長が永楽銭の旗印を与え
一人で一万の敵に当たる戦巧者。
家康の年若い従兄弟にして
三河刈谷・水野家の御曹司。
切腹より重い処罰を食らい
天下人・秀吉に命を狙われ
家を捨て、名を変え
主と戦場を渡り歩いた若者が
放浪の果てに臨んだ
関が原の大勝負とは!?
(以上、裏帯より)

こんな傑物が福山の基礎を築いたのだ
福山人はもっと誇っていいと思う

命がけの男たちの
男くさい会話に、行動に痺れる
気分がスカッとする一冊である

こういうのもあります

中山善照ほか「まんが物語福山の歴史 上下巻合冊版」(みんなのわたしの啓文社)
20140606fukuyamarekisi.jpg
実は、この本を読んだのが
「天を裂く」を読むきっかけだった
読みやすいので
見かけたらぜひ手にとってみてください

   ☆   ☆   ☆

おまけ

福山城
20140606fukuyamajyo.jpg
日常の暮らしのすぐそばに
大きな歴史のドラマが息づいている
なんちゃって

艮神社
20140606usitora.jpg
福山城の、いや福山の鬼門を守る神さま
「天を裂く」にも出てくる勝成の長男・勝俊の
菩提寺の向いにある
参道から曲がったところに階段があるのが
風情があっていいです



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。