So-net無料ブログ作成
検索選択

広島半日日帰り出張 上:広島でお好み焼を食べるということ [お好み焼]

私の出張はいつもこんなである
近い、泊まらない
今回は飲み会付だが自腹だ

用事は昼からなので
ゆっくり広島に行くことにして
初のリードライナーにした
始発は平成大学のすぐ隣
20130904busstop.jpg
20130904busstop2.jpg
左手前のバス停ではなく
右奥の待合所で待つ

リードライナーは途中の三原久井までは
下道R486をのんびり走りながら
府中、御調と山あいの乗客を拾っていく
福山であらかたお客を乗せて
いきなり高速にのるローズとはそこが違う
景色がよくなかなか楽しかったが
一回乗れば十分だ

無事広島に到着し
用事の前に腹ごしらえ
私が選んだのは、お好み焼
用事先に近いのが一番の理由
でも、せっかくの広島なんだから
すき家とかマックでは味気なかろ

目指す胡桃屋は2階にあり
階段の上り口にメニューが掲げてあった
20130904kurumiyamenu.jpg
階段を上ったところが入口
20130904kurumidoor.jpg
右手の窓際はテーブル席
左手の店奥が鉄板である
猛烈に暑い真昼だったが
まよわず鉄板席に座る
定番中の定番「そば肉玉」
このお店では「肉玉そば」を注文する
(なんか肉そばみたいだ)

このお店では鉄板をこまめに洗う
やかんの水を直接注いで
へらでそれはもう丁寧にこそげ落とすのだが
目前でちんちんに焼かれている鉄板に
水を注がれるので、飛び散らないかとひやひやする
それがまったく飛び散らない
さすがプロの技だと驚嘆するが
案外そこが狙いなのかもしれない

このお店の特徴は、一人ひとりに
ねぎパックが支給されることだ
20130904kurumiyaset.jpg
いわゆる、かけ放題である
パックの容量には限界があるが
おかわりできるとのこと
自分で調節できるのがいい
私はほぼ全量を使い果たした

肉玉そば 785円
20130904kurumiyaokonomi.jpg
猛暑の灼熱と鉄板の熱気で
いいかげん意識がぼーっとする中
熱々のお好みをさっそくほおばる
    あちあちあち
すぐにお冷を飲めば腹の底から
思わず「お”~」とタメイキが出る
その瞬間。これが醍醐味だと思った
また食べ進むうち
キャベツの食感とほろ甘い風味に
ちょうど飽きてくるころに
舌の味かくに豚肉の芳醇な旨みが当る
これまた醍醐味である
広島風お好み焼ならではの醍醐味だ

ソースはやや薄め
たっぷりかけてべちゃべちゃにして喰らうタイプでは
無いみたいだ
不思議に女性客が多いのは
そういうあっさり系であることと
人目につきにくい場所の2階ということも
あるかもしれない
 
 
胡桃屋
20130904kurumiya.jpg
11;00-14;30/17:00-21:00 日祝休
広島市中区八丁堀9-5 山本ビル 2F



コメント(2) 

コメント 2

NO NAME

1グループで行っても1パックですが、
ネギはおかわりできますよ。
by NO NAME (2013-11-22 23:29) 

nonn

>NO NAME

情報ありがとうございました
また何かありましたら
よろしくお願いいたします
by nonn (2013-11-27 18:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。