So-net無料ブログ作成

ほうらく:オムライス(とワンタン)のとこ@神戸・三宮 [オムライス]

大阪から西へ30km
阪急、阪神、ポートライナー、地下鉄が乗り入れ
高速バスターミナルが隣接するJR三ノ宮駅前は神戸の中心も同然である
その駅前交差点から
20121201ekimae.jpg
海へ伸びるフラワーロードは
神戸のメインストリートも同然である
20121201flowerroad2.jpg
20121201flowerroad.jpg
左の高層ビルが神戸市役所(1号館)
そのフラワーロードを挟んだ向かい側にある簿記専門学校
その裏に「ほうらく」というお店がある

11:00過ぎに到着したらまだ開店前
11:30の開店まで店前で立って待つことにしたが
他には誰もいない
神戸を歩く人はただ通り過ぎていく
そのうちのサラリーマン風が連れにこういった

    これ、あれやで
    オムライスのとこやで

オムライスとワンタン(スープ)が特に有名らしいが
何でもうまいという
実際、店頭メニューの品数は半端なく多い
20121201menu.jpg
見てるといろいろ食べたなる
特に「ハイカラうどん/丼」と「キツネラーメン」には
強烈に惹かれるものがあった

    胃がもう1つあったらなあ
    仕方ない、また今度にしよう

結局開店時間まで待っていたのは
私のほかは、近所に住んでるらしい
トレーナースタイルのやんちゃカップルだけ
開店時間とほぼ同時に
滑り込んだサラリーマンもいた

立て付けの悪いドアを開けて中に入ると
カウンター席はなく、テーブル席と小上がり席のみ
ただ1つだけ、一席しかないテーブルを見つたので
念のためそこに座る
開店したとたん、なぜだか次々とお客さんが入ってきて
程なくテーブル席はほぼ埋まり、相席上等となった
予感ともいえない予感は見事に当たった

もとよりメインで注文するつもりだったオムライスには
大中小があるのに、ワンタンにはなかったので
最初しかたなくワンタンにオムライス(小)を頼んだが
ほかのお客さんが次々に、ワンタン(小)を注文するのを見て
メニューにはないものの、ワンタン(小)があるんだと思い
途中で変えてもらった

オムライス(小) 450円
20121201omu.jpg
私の大好きなケチャップがけチキンオムライスである
ケチャップケチャップしてるのに
食べ進んでも辛くならない
これすなわち、うまいオムライスである
20121201omuup.jpg
タマゴの皮は薄いのにふわっとしてる
そして、こころもち甘さを感じる
(小)だが美味しさの満足感で腹がふくれる

ワンタン(小)
20121201wantan.jpg
透き通ったスープは
最初の一口は、ハッキリ言って薄い
薄いのに、薄かったのに
食べ進むうちに
どんどん味わいを加速させていく
20121201wantanup.jpg
肉と皮の食感と味がしっかりほっこりしてるためだろう
オムライスとの相性も抜群だ

オムライスとワンタン
こういうシンプルでなじみ深いメニューで
どっちも美味しいといわれ続けていて
実際に美味しいと感じさせるのは
ものすごいことだと感服した次第である
こういうお店が、いま
「真珠の耳飾りの少女」の
すぐそばにあるのである
 
 
ほうらく
20121201horaku.jpg
11:30-15:00
神戸市中央区八幡通4-2-9
フラワーロードビル1F



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。