So-net無料ブログ作成
検索選択

合言葉はWPT [喫茶・カフェ]

松永ルナのプリントップには(大)がある
ということをコメントで教えてくださった方がいた
(その上はない、ということはお店の人に聞いた)
その名も「ダブルプリントップ」略してWPT

ある朝、久しぶりに高西町の華さくでモーニング♪と思ったら
大勢のじじばば、特に備後ばばあに事実上実効支配されていた
口もおなかも受入れ態勢万全だった私はひどく落胆した
と同時に、今こそ作戦決行の時だとハンドルを切った
年寄り連中への対抗意識もあったかもしれない
身体への負担が大きくて彼らには無理なことだからである
すなわち

朝食代わりにWPTを食う

松永ルナに着き、席に案内される
当然のようにモーニングで?と確認するおねいさん
そりゃそうだ
他の客のほとんどがモーニングを食べている
タバコの煙を吐き出しながらである
(備後カフェの風情いまだ健在だ)
注文した瞬間、となりのタバコ&貧乏ゆすりが
チラッと私を見た

どーん
20120925wtp.jpg
(ダブルプリントップ 850円)
でかい、そして背が高い
あの長い匙でやっと底に届くくらい高い
写真では伝わらないくらいの迫力である
普通のプリントップでさえでかいのにだぜぇ
最初に注目したのは
2つ目のプリンが何処にあるかであるが
想定の範囲内ながら、あーなるほどであった
うずみパフェここにきわまれリである

松永ルナのプリントップはかなり美味しいので
あえて厳しく味の感想をいうと
普通のプリントップのほうが
プリン、クリーム、果物のバランスが取れている気がする
WPTはクリームの存在感が勝っていてやや爽快感に乏しい
そういう意味では
木之庄フランドールのプリントップに近いかもしれない

グラスが深すぎて
底に溜まった果物の破片は匙ではすくえず
お冷を数回投入して飲み干した
もう少し歳を取ったら出来ないだろうなあ
(ざまーみろ)
あーおなかいっぱい
ご馳走様でした
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。