So-net無料ブログ作成

京橋千疋屋(東京駅)のマンゴープリン [プリン]

「ジャンクSPORTS」というTV番組を観ていたら
大神雄子というバスケの選手が
自分へのごほうびに
千疋屋の「完熟マンゴープリン」を食べるという

それで思い出した

昨年4月、舞浜詣でをした際に食べた
千疋屋のマンゴープリン
それをご紹介したい

その前に

ご存知だっただろうか
東京の老舗果物屋さんである千疋屋には
千疋屋総本店(創業170年余)と
のれんわけした京橋千疋屋(創業120年余)
そして銀座千疋屋(創業110年余)があるそうだ

東京駅には、構内に総本店の店舗が
そして八重洲口の地下街に京橋の店舗がある
大神選手の「完熟マンゴープリン」は
総本店の商品で
かつ羽田空港と東京駅の限定販売とのこと

で、今回私がご紹介するのは
京橋千疋屋のマンゴープリンである

なーんだと思ったあなた

特別なマンゴーを使用した
(店の人がそう言っていた)
「あの」千疋屋のマンゴープリンである
値段だって、こっちの方が50円高いのだ
しかも、東京駅で買おうと思えば
改札を一端出なくてはならないのである

京橋千疋屋のマンゴープリン 578円(税込)
mangop.jpg
マンゴーの果肉の瑞々しさが違う
プリンは意外にぬめっとした舌触りで
甘過ぎることなく
マンゴーの美味しさをMAXに引き出している
onbox.jpg
時間が無く
京葉線ホームのベンチで
箱にのっけて食べたのだが
次元の違う美味しさは
場所を選ぶことは無かった
 
 
senbikiya.jpg
京橋千疋屋 東京駅一番街店
八重洲地下中央改札外左
おされなパーラーもあるそうなので
次回はぜひ中で食べたい

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。